« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の17件の記事

2010年7月31日 (土)

謎の小動物

一昨夜の雨が涼風を運び 

昨日は 朝から過ごしやすく rainleftrightcloud

庭のプランターにも 恵みの雨となりました



朝ごはんの後 お茶を飲んでいた主人が

すっと立ち上がり 庭の方を見ながら

拳でドンと一つ 窓ガラスをたたきました



いつもの野良ちゃんでも 

侵入してきたのかなぁ と cat

気にも留めずにいたのですが

そのうち 庭に出て行ったので

忘れていました



退職してからの 主人は

発泡スチロールをプランター代わりにして

南蛮 ピーマン トマトといった野菜を育てたり

クレマチス 朝顔 その他の花を植えては

玄関を出たり入ったりしていましたので

「どうしたの?」と聞く事もなく

その事を忘れていました



私は 夕べもバレーの練習があって

中学校の体育館に行ったのですが

集まってきたメンバーの一人 

ロッテンマイヤー(「アルプスの少女ハイジ」より)が

しきりに何かしゃべっている

「何 なに?」



聞いてみると

車で体育館に来る途中 

仕事で届け物を配達しながら来たとのことでしたが

話をしていたのは

その届け先の庭で見かけた小動物の話なのです



しっぽが長くて

鼻筋に白い線が入っていて

ネコより大きかったが

ネコに似た小動物

それは

「ハクビシン」だという事になった



話は そのハクビシンが

家屋に住み着いたとの被害話におよび

ロッテンマイヤーが届けた先が

わが家の近所だったので

大いに冷や冷やしながら帰宅しました



主人にその話をすると

思い出したらしいのです

今朝の(窓ガラス ドン!)の事件でした



その時見たのも

ネコにしてはしっぽが長すぎ

鼻が白かった というのです



猫にしてはチョットおかしいと思い

庭に出て 追ってみたのだという事でした



ハクビシンがこの近くに生息している事は

間違いないということになりました



窓の開けっ放しや侵入口などに気をつけようと

云う事になりましたが

なにせ わが家は築45年

侵入口などたくさんあるに違いない catface weep crying

2010年7月29日 (木)

熱気こもる体育館で

この暑さの中でも

バレーの練習は行われています



夜 一人また一人とやって来て

まず始まるのが 井戸端会議 kissmark



ひとしきりしゃべくり 一段落したところで

体育館の中を ドタドタと

重たい足音を響かせランニング shoe run



1周する者 2周する者 また走ることもなく

続きのおしゃべりに興じている者と

思い思いで そこに規律はない



さらっとストレッチが済むと

チーム毎のトス練習 レシーブ練習が始まる

この時が 一番賑やかです



「エィ!」

「こっち こっち!」

「へったくそ!」

アピールしたり おどけて互いをこきおろしたり

その掛け声と気合だけは大したものです



腹抱えて笑い転げるという 

腹筋 のトレーニングに余念がないのは私



流れ出る 汗 汗 汗・・・

腹の底から湧いてくる 大きな掛け声



日中30度を超す猛暑の中

熱中症で病院に搬送される方も

大勢いらっしゃるという



そんな日中の熱が籠った体育館が

入り乱れて 笑い声と掛け声で満ち

汗と一緒に 

ストレスも熱気も一気に発散する

何とも言えない 爽快感がある



この場所に それぞれが居場所を見出し

週二回の練習に集まってくるのです



もうしばらく このまま居座るつもりの

アラカン女子

暑~~い夏の 一夜に想う・・ o(*^▽^*)o


2010年7月27日 (火)

波打ち際

漁禁止の立札が無い事を サラッと確認

大丈夫 ダイジョウブ!



昨日もまた 行ってきました

獲ってきました 砂めぐり



打ち寄せる波と

海水できれいに洗われた砂

その砂をかきわけると 

こつんと指に当たる 嬉しい感触



止められまへ~~~ン!

楽しくて~~♪



実家の兄夫婦と

今回はロッチを連れ 主人と5人です



砂めぐりは 彼らの好む居場所があって

波打ち際のどこを漁っても居る

と言う訳でもないのです



打ち寄せる波と波がぶつかりあって

流れを作るその場所に 

たむろしている



まずは その場所めがけて

無言の陣取り合戦だ



平日と言うのに 

やはり数十人~の人々

(ここは 海水浴場ではないので)

その流れに群がって

皆 砂掘りに夢中!



顔ぶれを見れば

さすが かつての若者たちです

勇ましい姿で? 戦況報告 



戦闘開始から 1時間もすると

その日の獲物は 

獲りつくされてしまうのですが

それでも残り物はあるので

未練タラタラにもう1時間



Alim0227

少しづつ おすそ分けして

喜んでもらうのが 

楽しみの一つですネ♪

どっち?

町内会の夏祭りがあって

役員をしている主人は

先週土曜 朝から忙しく働いていた



今年の3月に定年退職をして

テレビを見て過ごすことが多くなった

主人の健康が心配だった



町内のこれまでの役(監事)に

今年新たに 班長と組長の役がまわってきて

それが 結構忙しい



シメシメと

陰でほくそ笑んでいるのは私



この忙しい仕事を

まんまと 

主人の仕事にしてしまった



長年の勤務を解かれた男に

次の20年 30年も

明るく元気でいて欲しい



地域の中での 

新しい人間関係を 楽しんで 

共に ハリのある生活をしていきたいと企て

その企てに 男が乗った



企てた私の 勝ち!

ん・・・それとも・・・? 

 

2010年7月24日 (土)

ノリノリ イェーイ!

今週木曜日

友人に誘われて 「ミキ」のキャンペーン

トーク&コンサートに行ってきました



おばさん達6人で 

久しぶりの電車に乗り 仙台へ

途中の駅も 仙台も

学生時代に通った 駅の様子と様変わりしていて

それでも 懐かしく

遠足気分で 興奮しました



車で ・ 用事があって ・

忙しく往復する仙台と違って

なぜか子供のように ワクワク shine



Alim0224

ト-クショ-には

心療内科医でテレビのコメンテーターなど

歌手としても活躍されている 海原純子さん

長野オリンピックスピードスケートで

金メダルリストの 清水宏保さん

そして 物まね芸人の ホリこと

堀 裕人さん



そしてコンサートは

岩城洸一&宇崎竜童 

渋~い二人なのですが

そんなこと問題ではなく bomb



ステージに広がるスモークが

スポットライトの中でうごめいて

ミラーボールがホールの天井から

星のように降り注ぎ

その中で揺らめく 色とりどりのペンライト



否が応にも気持ちは ノリノリ♪

ア~~~ もう忘れたワ

心配事も煩わしい事も

な~にもない!

晩ご飯のおかず?

なんのこっちゃ!



そう・・・晩ご飯も主人にお任せですもの

お父さん ありがとう~!

イェ~イ!

 

ペット?

わが家で唯一のペット

Alim0211

と言っていいの・・でしょうか?

ミシシッピアカミミガメ 

名前は名無しの権兵衛です



子供たちが 小学生の夏祭りで連れてきた亀なので

飼い主は 彼ら(トマトとロッチ)のはずだが

気がつくと 

飼育係は お母さんと言う事に・・



あんなに可愛かった ミドリガメも

今では 甲羅サイズ約20cmとなり

ネットで見ると まだまだ大きくなるとのこと



(しょうが無いな~ 寿命ある限り

付き合ってやるしかないか~)

ってな姿勢なので

まぁ 正直あまり可愛がっているとはいえません



それでも亀にも 性格があるんですね

大きい亀は 人懐こく

小さいときから 差し出した餌を

人の手から食べたがります

なのでまだ可愛いのですが



小さい方はというと

近寄っただけで 逃げるし

甲羅を洗ってあげても

憎々しげな顔をして

噛みつこうとする

臆病なくせに 気が強い?

可愛くない奴なのです



縁あってわが家に来てくれた二匹の亀たち

可愛くないって言ったら 

罰があたりそうな気がして

授かった命

どちらかの(亀と私)

寿命続く限り 見守ってやるか

(しゃ―ないな!) wink

 

 

2010年7月21日 (水)

カマドウマにも感謝を!

暑い日が続いています


だからと言って

毎日ぐうたらしているのは 良くないと

朝の涼しい時間に 草取りを始めました


草はこんな暑さの中 

ほんとに元気に よく育ちます

雑草の強さは 本物です


草の中には コオロギの幼虫が隠れていて

草を動かすたびに 驚いて飛び出してくるのです


夏はこれからが本番と思っていたのですが

自然界は その力をただ無心に受け入れて

ひとつ先の 自分の出番を待っている


そう思うと

ぴょんぴょん飛び出してくるコオロギに

こちらも驚きながら 

チョット 愛おしく思った

これがカマドウマだったら

そうは思えないですけど・・・ネ(笑)

これ えこひいき?



実は

この草取りに先立って

玄関で 長靴を履いたのですが

長靴の中に足を入れた時

足の指の間に異物を感じたのです



枯れ草でも入ったのかと

長靴を逆さにしたら

そこから出てきたのが

カマドウマ



背筋に 水をかけられたような

ゾクゾク感!



何とも言えない悪寒に襲われ

一時 暑さを忘れたのだから

カマドウマにも

感謝しなくちゃいけないでしょうかネ?(苦笑)

感謝 感謝・・・・・ブルブルッ!

2010年7月19日 (月)

ロッチの未来

「今日 サポステまで付き合ってくれないかな」

近頃にしては珍しい次男からの申し出があって

この3月に退職をして暇を持て余している

主人とともに 3人で出かけました



次男が 

中二以来の引きこもりである事は

以前の記事でもご紹介したとおりです



まもなく 27歳になろうという現在も 

サポートステーションに通い

状況は 変わらないのですが

最近では ほとんど毎回

自分の運転で 車で小一時間の距離を

通うようになり 

少しづつ 少しづつ 成長は感じます



でも 職業を持って自立できるめどはたっていない

本人の一歩が踏み出せないし

社会の厳しい門戸に阻まれもする



この状況がいつまで続くのか・・ 

遅々として進まない 状況の変化

  無力感 焦燥感は

しだいに 大きくなり

本人には それが感じられない

その事が逆に 

二倍になって身にのしかかる



(自分の不徳のつけ)と

自身にレッテルを貼っても

状況が良くなるわけではない

「今できる事をひとつづつ」 それだけを心がけ

最善が駄目であるなら その次又その次・・



今ある家庭の状況 

今ある社会の状況

その「ハザマ」の 吹きだまりに居るように

動かない次男がいて 

その未来に 不安だけが残る



そんな「ハザマ」に

何らかの社会の手が 

差し伸べられる事はないのだろうか?



そう考えるのは

親の身勝手なのでしょうか・・? think think

 

 

2010年7月17日 (土)

昨日の事

今月二回目の卓球教室がありました



中学校時代に2~3年と卓球部だった私は

ある程度の基礎はあるのですが

練習は楽しむ程度の部員だったので

実力は知れたもの

(それに・・・それは何十年前の事でしょう?)



教室には コーチがいらして

技術的な指導をして頂くのですが

教えてもらった通りに 動けない

動ける訳がないdown



しかし 

その指導に添えるよう

頑張る自分がいて

その事が 嬉しい



他人に指導を受けられる

その事が 新鮮です



何歳であっても 

新しい事に挑戦できる柔軟な自分でいたい



そして 教室終了後は

やっぱり コーヒータイム

お口の方も リハビリになりますね~♪



 ・・・・・昨日のほんの小さな私事を・・・・・



テレビでは 

広島や岐阜・各地の集中豪雨被害の報道がなされ

その悲惨な状況に驚くばかりです

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに

被災された方々の一日も早い復旧を 願っています











 

 

2010年7月14日 (水)

これも密漁?

実家の義姉に誘われて

今日は 砂浜で貝拾いをしてきました

この地方では 砂めぐりと言って

ハマグリに似た貝なのですが

砂を吐きにくいので 調理した時に

すこし食べにくかったりもするのです

でも 汁の味は 美味しいので

誘われてすぐ その気になりました



あいにくの小雨の中 決行

砂浜に向かうと 

そこには すで数十人の先客がいて

皆 夢中でした



アサリ拾いもした事はあるのですが

砂めぐりは初めて

足の周りの砂をかきまわすと

ひとかきに1~3個の貝にあたり

小一時間程で 結構な量になりました

その後は 続々人数が増えたせいか

獲りつくされた後を かきまわすような感じになり

二時間ほどで終了



それでも 収穫があったと 喜んで

車に戻る途中

一輪車の一行がいて

その とんでもない量に

びっくり!



わが家の収穫は

Alim0203

この鍋 50cmくらいのサイズです

結構な量でしょう?



・・・・・・・と

この映像を撮ったところで

はた?・・と思った

漁業権は どうなってる?

忘れてた~!

海は漁業権が 厳しかったということを



でも 昔からこの砂めぐりに関しては

漁業権という言葉は きいた事が無い

取り締まるのであれば

もうとっくにそんな情報があってもいいし

平日にもかかわらず

百人ほどにも膨れ上がっている

砂浜の民に

悪びれた様子など いっこうに無いのです

皆 この自然の恵みに感謝しつつ

楽しんでいるばかり



これってやっぱり 密漁になるの?

2010年7月12日 (月)

シェイプアップ教室

ワン ・ ツー ワン ツー スリー フォー

左足斜め前 右手は上 

左手腰で 顔右上向く・・・・・



手と足にバラバラの指示を出されて

アーーッ!

無理!

頭の中は 手足がコンガラカッテ

どうしようもない状態typhoon



二回目のシェイプアップ教室での事です



今日は 市のシェイプアップ教室に参加しました

4月から始まった教室に

申込だけして 

6月に初めて参加

今日が二度目の教室参加で

結果は上記のような状態となった



コレ わかった!

完全にボケ防止体操です

インストラクターの指令を受け

頭の中で 情報解析して

手足に指令を出しす



これが瞬時にできないと

縺れてしまって どうしようもない

お手上げ状態となるのです

Alim0201

みなさん お上手

若い若い!!

この次 がんばるぞー!



シッチャカメッチャカのまま

終わった後

友達4人で コーヒータイム

これが いいの~♪

 

2010年7月11日 (日)

電話・世論調査

Alim0199

これ・・・sign02

今の若い人なら 

見たことない人もいるかもしれない

・・・でもまぁ 

メールの絵文字は これだから

電話と言うことは分かると思うけど



これが わが家の電話です!



子機もなければ 留守録もできない

何の機能も持たない 

昔ながらの ダイヤル式黒電話



もちろん 今も活躍中で

取り立てて不便も感じていないのだが



強いて不便を上げるとすれば



電話での世論調査に

参加できない という事くらい



初めてその電話を受けた時

ダイヤル式でも

もしかして (参加できるかもしれない)と

一生懸命 

自分が考えている番号のダイヤルをまわしました



次の時にも

無駄かもしれないと思いながら

もしや?

と思い 一応まわしてみた



何の意味もなかった



その後は だた無言で受話器を置く

という

なんだか 少し空しい・・?

そんな気持ちを 味わっている

バーバなのでした

telephonetelephonetelephonetelephonetelephonetelephonetelephonetelephonetelephonetelephonetelephone

今日の参院選は

これから投票してきま~~す

2010年7月10日 (土)

野良の母の愛

わが家の北側には 駐車場があって

その向こうにバイパスが走っている

日中の交通量は かなりのもので

上下4車線を横切るには

相当な勇気が必要です




この周辺をねぐらにする

野良ネコは代々 一年ぐらいもすると

その子ネコの中の一匹に

縄張りを譲って

どこかへ去ってゆくらしく

黒猫だったり

白猫だったり

代々 受け継いでいるらしい姿をしたネコが

わが家の庭にも

やってくるのです




3年ほど前にも 

このくたびれたわが家の床下に侵入し

ふとどきにも

子育てしようとしたネコが居て

手をやいたのだが 

そのネコも黒猫だった




今年 受け継いだらしい野良も

黒猫で

去年生まれたばかりの

まだ 子猫と言ってもいいような子だが

どうやら

数週間前 お隣の軒下で

子育てを始めたらしいのだ




かわいらしい鳴き声が

ミャーミャーと

時折 聞こえていた




一昨日の事でした

その母の黒猫が 

頻りにせわしなく鳴き声をたてている

周りにいる子猫も

その母の鳴き声に合わせるかのように

ミャーミャー・・・・・




しばらくの間 それが続き

何事があったのかと

覗き込んだ 私の姿も

さして気に留めていない様子




それでも

子猫の首を銜え

安全な場所を探して

移動していきましたが

その鳴き声は 

やはり 異常に聞こえました




理由に思い至ったのは

昨日の事でした




主人と二人で

午前中に買い物を済ませようと

バイパスに出たところで

小さな動物が

ぺしゃんこで 道路に横たわっていた




(昨日の出来事は これだ!)

そう思いました

口には出さなかったが

子猫のような 幼い野良の

母親としての愛情に

黙って 頭を下げました




わが家の庭にはいりこんでは

土の柔らかい部分を

御便所代わりにして

○○○だらけにされるのには

「こんちきしょう!」だけれど

「頑張って 生きて行け!」と

ひそかに応援もしています

2010年7月 8日 (木)

イーグルサムちゃん

Alim0197

わしの名は イーグルサムじゃよ

もう アチコチくたびれて・・・・・ 

ボロボロの イーグルサムになってしまった

つ~い先日まで 押し入れの中で

ほこりをかぶっておったが

母さんに洗濯してもらってな・・

もう少し いや まだまだここに居てくれと

頼まれてなぁ

ここは玄関なのじゃが 

家族や お客様を

お出迎えする役目を

仰せつかったという訳なのじゃよ


Image014000000



わが家の子供たちが  大好きで

二人で  いつも遊んでいた

イーグルサムちゃんは

長男の3つ上

従姉のさとちゃんの所からやってきた



いつの間にか 名前は 

「イーグルサムちゃん」 と呼ばれて

いろいろな物語の 主人公になり

さまざまな 大活躍もした



先日

捨てるに捨てられずにいた

かなりの数のぬいぐるみを

思いきって 整理した際に

どうしても 捨てる事ができず

役目を 受けてもらった という訳です




イーグルサムちゃんの

再デビュー (*^ω^*)ノ彡sign03

2010年7月 7日 (水)

続・35周年記念大会

家庭バレーボールの

チームの一員としては

上昇気流に乗り

勝つ喜びを味わうこともさることながら

日々の生活の中で

心と体を 動けるだけめいっぱい動かして

健康で楽しく暮らしたい


まず そこです

そこは 誰もが同じ思いです


そこに〝勝ちたい" という〝"が

αとなってプラスされるのは

家庭バレーボールと言えども

勝負がある以上当然のことでしょう


そのプラスα

チーム姿勢を微妙に色づけます




協会誕生から35年の間には

どれほどのチームが 生まれ

分裂し 消滅していった事でしょう




そこには個々のメンバーの

家庭環境の変化が

チーム事情と連動してくることはあります

また チームカラーが

消滅の一因となることもあります




それでも現在 61チームの協会加盟があり

約800名が 年7回の大会に向け

練習に励んでいます




ユニホーム姿の

25歳~80歳の選手が 

一堂に会し 世代を超え

プレーする そのはつらつとした姿に

協会の さらなる発展を願っています




今年から NPO法人となった

家庭バレーボール協会ですが

これまで 協会を支えてこられた

審判団 役員の方々に感謝しつつ

記念大会後の夜

ホテルでの記念パーティーはdelicious

盛り上がりましたネー!restaurant

 

2010年7月 5日 (月)

35周年記念大会

朝から蒸し暑い昨日は

バレー協会の35周年記念大会が開かれ

我がチームもかろうじて人数が揃って

参加できる事になりました

協会に加盟して約30年になる我がチームも

加盟当時のメンバーが健在で

今回もアタッカーとして バリバリ活躍中

凄い事でしょう~~note



かくゆう私も還暦を過ぎ

華麗な回転レシーブで相手の攻撃を阻止

wink wink wink

見事ブロック 準優勝notes



・・・とは言いながら

体育館の中にこもる熱気と

雨にぬれたように 流れ出る汗

ラリーが続くと もつれてくる足

トホホ・・・





今 我がチームのメンバーは

アラ還世代とその子供世代で構成され

チームとして世代交代の過渡期にいます



8部制の協会の中で

15年程前には 

2部で活躍していたこともありましたが

協会の成熟とともに

家庭バレーボールと言えども

技術的な成熟が進み

生まれてくる 若い力に押されて

7部にまで落ち込んでいました



メンバーも散り散りで 消滅寸前のところへ

そのメンバーの一人の子供が

友人数人を連れ チームに合流

消滅の危機を乗り越えたのでした



その子供たちの力を借りて

昨年の協会杯では 6部へと這い上がり

勝つ喜びを味わうことができました



これから

この子供たちにチームを託し

戦力外になっても

体の動く限り

一緒に楽しんでいけたら

幸せだと思います




25歳~80歳まで世代を超えて

一緒にプレーを楽しめる

家庭バレーボールの

35周年 万歳~~ですnote






2010年7月 3日 (土)

只今戻りました

迷い道を行くうちに

いつの間にか 7月になりました

蒸し暑い梅雨に入り

汗だくになりながら

運動して 体を動かして

いつもと変わらない時間を過ごして

・・・けれど景色は違っている

見える景色は違うけれど

この道は 自分の道

この道より 自分の道はないのだと

覚悟を決めて 歩いてゆく

そう 決めて歩いてゆく

やっと 戻ってこれました

つたないブログですが

これからも ひっそりと

続けていくつもりです

よろしくお願い致します~~♪

« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »