« 2011年3月 | トップページ | 2012年4月 »

2011年9月の1件の記事

2011年9月 1日 (木)

震災から

あの日から半年が経とうとしています



2011年3月11日

午後2時46分18秒




とてつもなく巨大な 神の力

マグニチュード 9 という

世界で 

史上4番目と言われる大地の震動



そんな地震が二日後に来ることも知らず

かぶは のんきにカレーを食べていました



宮城県沖を震源に

南北500キロに及ぶ海底が破壊され

その力は

想定し恐れていた宮城県沖地震を

はるかに…はるかに 超えていた



巨大なエネルギーによって

不気味な口をあけた海溝が 

一気に海水を飲み込み

息を溜め 吐き出したのです



大津波となった黒い水が

東日本の沿岸を襲い

美しかった景色は一変しました



沿岸の町 

浜という浜 

ヘドロを含んだその黒い水が 

すべてを飲み込んでいったのです



そこに息づいていた

全てのものを 

海の彼方に持って行きました



ここ石巻では

人口 16万2千人のうち

3161人もの方が亡くなりました

行方不明者は 

793人に上り…(海に連れて行かれたのでしょうね)

現在も避難されている方は

59の避難所に 1868人います



生活は一変しました



目の前に広がる光景を

夢だと思いたい

だが 夢などではないのです 



6千年に6回という

繰り返されてきた地球の営みの中にあっては

人間といえども 

その一部に過ぎないことを

思い知らされました



そんな地球の胎動に 

立ち合い 

翻弄され

亡くなられた方の

一面を埋める死亡広告は

今も毎日続いています



私たち家族も

一か月の避難生活を経て

我が家の復興のために

自宅に戻りましたが

生活の何もかも

一からではない

マイナスからのスタートとなりました



それでも

希望を持ち続けてこれたのは

たくさんの方々に支えられているのを

感じてこれたからだと思っています



復興はまだまだ始まったばかり



福島を取り巻く原発の問題も

日本中を巻き込んで

これから先 

数十年という時間をかけて

取り組んでいくことになるでしょう



今 何が必要で

自分に出来ることは何か

言葉にできるほどたいそうなことが

今の自分に出来るとは思わないのだが

その気持ちだけは持ち続けていよう

と…そう思っています




被災地の現状を気にかけてくださって 

今も支えてくださる 

たくさんの方々に

ありがとうの気持ちが

ほんの少しでも

お伝えできたらいいな と思います



ご支援いただいたことを

感謝申し上げます

ありがとうございます!



今後は 

いただいた人生

ほんの少しでも

誰かのお役に立てるよう

生きていきたいなぁ……



なんてネェー(´・ω・) (・ω・`)ネェー 



 

« 2011年3月 | トップページ | 2012年4月 »