« 猫の額だ | トップページ | 復興 »

2012年4月11日 (水)

米澤ラーメン

スナック風のドアを開けると

親子の歓迎の笑顔があった

「良かったねぇ~ いいどごめっかって」

そう声をかけると

「う~ん いんだが悪いんだがっしゃー」

相変わらず素直な返事は帰ってこないが

それが面白かった




昨日の陽気に誘われて

久しぶりにこの「米澤ラーメン」を訪れました

Cimg0583

お店は

40代位の店主とそのお母さんと

二人細々と営むラーメン屋さんです

3月末に以前のお店から移転 オープンしたばかりでした




この新店舗は 私にとっては 昨日が初めてす

何処に開店するだろうかと

心配しながら見守っていたお店です




旧店舗は カウンター席が5席と

畳1枚もないような座敷に小さなテーブルひとつの

ホントに古くて狭いお店でした




「こご2月で出なぎゃねのさぁ 何処が安くてカウンター席

ついだような所 ねぇべがねぇー」




自宅が震災で住めなくなり

しばらく親子二人で

その狭いお店の 座敷に寝泊まりしながら

仕事を再開していました

しかし 被災した大家さんの都合があって

このお店を明け渡さなければならないとのこと




新店舗を探すのは なかなか大変なことで

ぎりぎりまで 

その「安くてカウンター席があって」という

望みの店舗は見つからなかった




なので3月のある日に

「米澤ラーメン」3月27日オープン予定!

の看板を見つけた時には 

ホントに家族で喜んだ




その新店舗ですが

旧店舗からは考えられないほど きれい!




スナック風のドアを開けると

右手すぐ奥に厨房

その厨房を囲むようにカウンターが8席

背中合わせに窓際のカウンターが4席ある




ただ 厨房は壁で仕切られているので

あの小さなお母さんの動線は

どうしても複雑になるし 動きにくいだろうな

と思いました

そして これだけの造りです

お家賃も確かに高かろう




でも 安心しました

ここのラーメンの美味しさを知って

お客様はひっきりなし!

確かに 増えています




収入はきっと安定して

店主がお嫁さんをもらえば

お母さんの負担も軽くなって

万々歳だよ




美味しいラーメンと

この親子の未来に

満ち足りた思いで 帰宅しました

« 猫の額だ | トップページ | 復興 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんと、ホント良いお嫁さんが来るといいね。
ついでにうちにもお嫁さんがきてくれるといいんだけど・・・・・

☆  こくさん

こくさんチの あの優しい息子さんなら、

きっと優しいお嫁さんが来る。間違いな

い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295869/44828470

この記事へのトラックバック一覧です: 米澤ラーメン:

« 猫の額だ | トップページ | 復興 »