« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の26件の記事

2012年5月31日 (木)

生命力

015_5 

お仏壇の花が枯れてしまいました


庭に咲くみやこ忘れと ヒメジオンを摘んで

お供えしてみたのですが

これが以外にも水持ちが良くて 

しかも 結構いけるでしょ?


天国のお二人さん こんなんで大丈夫?


「雑草なんかいらねぇよ!」

なんて言ってたらごめんなさい


でも そんなことないですよね



生命力にあふれる「季節の花」を

お供えしてみました



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°



先日 魚町に行った時に感じた活気は

本物でした


石巻港と魚町の復旧工事が始まり

昨日 工事の安全祈願祭が行われました


この港は

石巻にとって経済の中心とも言える場所です

魚市場とその背後地の加工団地が復旧してこそ

石巻の元気が取り戻せる 

と 思います


復旧工事が進み

新しい魚町と新しい街の再生を 

楽しみにしています

2012年5月30日 (水)

頭の体操 

 
二日間の荒れ模様が

一転 

雲は多いものの静かな日差しで

久しぶりに自転車で アイプラザまで出かけました

ピアノ講座受講のためです

 

002_2

前回通った時 

この田んぼは タンポポ畑でした

今日は ヒメジオン畑へと変わっています

003_2

004 

震災前 この一画には 家が立ち並んでいて

立ち寄ることもなかったのですが

何もなくなった今 こんな建物が現れてました


雰囲気のあるたたずまいに 

思わずそばまで寄ってみました


古い蔵でしょうか?

お宝が埃をかぶって 静かに眠っている?


眺めていると

近所から 何やら話し声が聞こえてきて

見とがめられそうで 早々に退散~!

006_4

道端のポピーも

009_3 

銭あおいも咲いています

今 季節は次々と咲く花でにぎやかですね

013

こちらは今 かぶがやっとこさぁ と

音楽にならない音をかき鳴らして

にらめっこしている楽譜


足と右手と左手と バラバラ

一緒に動かそうとすると とんでもない音が出て

はぁ~~っ! 難しいもんですねぇ 

○○の手習い

011_2

我が才能に失望して家に帰ってくると

ベルフラワーが 可愛い!


(ピアノがうまくいかない?)


どうでもいいよ!


…とはいうものの う~ん


脳細胞のためにも

もう少し 頑張った方がいいかなぁ

やっぱ そうだよね o(*^▽^*)o

2012年5月29日 (火)

たのんまっせ!

001

鳥が運んできたのだろうか

植えた覚えのない花が 庭に咲いています

花ニラに似て お気に入りのひとつです 


先日 日和山の道端で同じ花を見つけて 

これが野の花だと知りました

005




北九州市に送り出された震災瓦礫が

試験焼却を終えて

焼却灰の測定結果が出たようです


焼却灰・飛灰・排ガスともに

下限値を下まわりました


その結果を踏まえ

受け入れの可否を検討する委員会と

タウンミーティングが開催され

最終判断がされるとのことです


先日の瓦礫搬入に際し 

反対派の強硬な姿勢に戸惑いましたが

市民の約70%の方が

受け入れに一定の理解をされていると知って

ホッとしています


交付金の二次配分に

笑顔の知事もいて

復興がしっかりと進むことを期待しています


たのんまっせ!

2012年5月28日 (月)

幸せの黄色いカステラ

昨日は 

大曲浜経由で実家へ行きました

001

ここは東松島市大曲地区


すでに集団移転の方向で進んでいている地区ですが

残留を希望する方もいますし

生業で残さざるを得ない施設などもあり

見えている建物の取り壊しは

現在調整が進められています


跡地は海浜緑地公園の拡大や

自然エネルギーのための用地など

いろいろ活用が検討されているようですね

005

その道路を隔てて向かい側は

流された家や車の残骸はかたずけられていますが

広い田んぼにはアスファルト片などがそのままで

雑草が生い茂り 荒れています



小学生だった頃の夏休み

8歳下の弟を連れ 町内周回するバスに乗って

この大曲浜をめぐり 遊んだことを思い出しました


1週20円だったかなぁ バス料金


海浜公園では9月になると

キノコ採りが出来て 楽しい場所だった

そんな時が 

一日でも早く来ますように…


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°

016

いずれ菖蒲かカキツバタ

我が家の花はあやめでしょうかね?


小さな庭にたくさんの木と花と雑草が…


おまけに猫の額に野菜や果物まで植えたりして

ホントに欲張りなんだから・・・


002

カモミールとレモンバーム

022 

トマト

003_2

スイカまで

ツルが伸びて大変なのに 

面倒見きれるのかなぁ


そんな心配のところへ

「幸せの黄色いカステラ」が舞い込んできた


フルム~ンに九州に出かけた友人が

運んできてくれた 「長崎カステラ」だ

020

くよくよ考えることない! って

幸せのカステラだもの


食べちゃえ食べちゃえ! (o^-^o)

2012年5月26日 (土)

タネツケバナ

025

これは「タネツケバナ」

やっと図鑑からその名前を探し出しました


が、かぶがびっくりしたその特徴

そばに寄った瞬間

攻撃でもしかけて来るように

鞘(?)から種子(?)が飛び出してくることは

記載されていませんでした


このことに一番驚いたのになぁ


考えると 不思議です

タネツケバナは 

自分が引っこ抜かれる前に

「DNAをしっかり大地に残すぞ」と

強い意志を持って 種子を放ったのですね


その強さ 見習いたいです



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°



久しぶりに 

湊町を通り魚町まで車を走らせました


11年間仕事場として通ったビルも

この画面に見えるすべてが

これから瓦礫になるのでしょう


012_2

017 

024


でも 魚町に踏み込むと

そこには活気が戻っていました

ひっきりなしに車が行きかい

かさ上げ整地が進み

建物の建設のため あちこちに大きなクレーン


032

魚町としての機能を回復するために

フルパワーで躍動しているように感じました

029_2

魚町のメーンストリート

分離帯には菜の花が咲いています


旧北上川河口にほど近い

中瀬にある漫画館

042

ボランティアの方々の寄せ書きがある

漫画館入り口に〝絆″の文字

037

日和山から見た中瀬の様子


そこにあったものは流され

残っているのは漫画館と

木造の教会堂では日本最古と言われる

ハリスト正教会の教会堂


川の中瀬にある木造の小さな教会堂が 

津波に流されずによく残っていたものだと思います


改修され再び元の姿に戻ることでしょう


この街も 

海岸沿い一面に集められた瓦礫処理が進むことで

きっと 復活するはずです

2012年5月25日 (金)

台無し

019

なんでもない筍とフキの油いため


これが好きで

どんぶり抱いて食べてしまう


それが 今年はいつものように美味しくないのです


味はいつもの通りですよ

作った時点で「かぶ好みにバッチリ!」だった

なのに なぜか 一箸毎に「う~ん」

なにかが違う


分かっているんです

心に引っかかっている あれのせいだっていうことは


美味しいものを 美味しいと喜べない


台無しに感じるのは 

かぶだけではないと思います


汚染は絶対「NO」だと叫び 戦う人がいる

主張して戦う力を持っていることは

称賛に値すると思います


でも汚染された瓦礫は 

「被災地で処分しろ」と 戦われたら 

被災地に住む者として

「汚染された東北に蓋をしてしまえ!」

と言われているのと一緒です

震災瓦礫と一緒に 今 そこで生活しています


どうしたら安全に復興を遂げることができるか

国中が一つになって考えなければならない事だと

思っています

021

2012年5月24日 (木)

お口の健康チェック

005

今年1輪咲いた おじいちゃんの牡丹


木に勢いのあった頃は 

20~30の大輪の花を咲かせて

それは見事でした


雨の日は傘をかぶせられて

大事に大事にされていた牡丹です


手入れが行き届かないことと

それに加えて昨年の塩害がダメージとなって

木はすっかり弱り果ていました


それでも頑張って 

花を咲かせてくれたのです


きれいです



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。



001

昨日は 保健推進員の5月定例会


「私たちの歯の健康について」と題し

歯科衛生士の方を講師にお迎えして

お話をしていただきました


歯を守るためには 

歯茎を健康にする歯ブラシの使い方からということで

歯茎のブラッシングの方法や

実際に口腔内の健康チェックをしました


講師から「皆さん各自検査してください」

と言われた時


かぶは ひそかに(まずいぞ!)

(出来れば今日は避けたい)

と思ったのです


なぜなら 

前日の夕食後の歯ブラシは大雑把で

その後 ついつい甘いものを食べてしまった


なのに歯磨きをしないで寝てしまったのだ


結果 最近の手抜きが

昨日の朝の歯磨きに表れて 出血していた


検査紙に唾液をつけて 3段階の色別で

チェックするのですが


かぶは当然 1段階(無色)と2段階の中間で

しっかり色づいていて がっくり


2週間くらいの丁寧な歯茎のブラッシングで

改善されるそうなので 

手抜きなしで真面目に歯磨きします coldsweats01  


歯周病はいろいろな病気とも密接に関係していて

歯周病予防は

メタボ 心臓病 糖尿病 肺炎 骨粗しょう症

心筋梗塞 動脈硬化 心内膜炎 など

実に多くの病気予防に繋がっているそうです


特に注目したのは

認知症です


アルツハイマー型の認知症は

脳に萎縮が起きるというのが特徴の病気ですが

歯が少ない人ほど脳の委縮が進んでいるそうです


かぶ 現在歯が

ボロボロながらあちこち補修で 28本 

ある筈なんだけどなぁ~


すでに認知症はじまってる みたい weep 

2012年5月23日 (水)

悲しい。。。ネ

震災瓦礫搬出の報道に 祈る思いでいたけれど

反対派の抗議は思った以上に強硬なものだった


悲しい気持ちになりました


放射能から子供たちを守りたい

家族を守りたい


その気持ちを思えば 

反対の意見があっても当然です


一方で

震災で家族を亡くし家をなくし

今までそこにあった日常をなくして

山に積まれた瓦礫を眺めながら

その隣で生活をしている人がいる


全国からの支援に力をいただきながら 

復興に向かおうと踏ん張っている被災地にとっては

まず瓦礫の処理が進まなければ

復興も進まないのです


何が安全で 何が安全でないのか

行政も 研究者も

確かなことはわからない


疑心暗鬼で 出された数値を 

信用することができない人がいる

それも仕方のないことなのかも知れない


瓦礫を積んだトラックを囲み

「帰れ」「持ってくるな」

と揉みあう姿


悲しい気持ちになりました


一方で支援の輪があり

一方で拒絶

このどちらも 同じ 人間なのですね

2012年5月22日 (火)

名を名乗れ!

017_2


バラの花がいつもの年よりたくさんの花芽をつけ

綺麗に咲きました




でも 今日はこいつ!

024

今朝 家の周りの草取りをしていました

砂利の間からチョコチョコと うざい奴らめ!



そんな事を考えながら

こいつに手をかけようとしたその瞬間



ピョ~ン!パラパラッ 目くらまし攻撃だ!



飛び出してきた実が 目に入ったのだ



以前からその草の存在は知っていて

見かけてはいたのですが

気に留めていなかったのですね



この目くらまし攻撃にあって

かぶの負けじ魂に火が付いた



名を名乗れ!



とばかり 図鑑で調べては見たものの

わからない think





逮捕してきた 

025

そばに置いて 首っ引きで雑草図鑑

    「取調べだぞ」


なのに あ~~~ん わからない!

アンタにも黙秘権ってやつ あるの?


名も知らぬやつらに 

やられっぱなしの  今日のかぶ   (。>0<。)



今日のところは 負けといてやる  down

(んっ? どっかで聞いた様な…)                 

007_3

2012年5月21日 (月)

薬莱の山裾


1週間前 

バキュームダンパーがやってきた

家の前の側溝は大雨のたびに溢れ

(震災による地盤沈下が大いに影響)

見回りに来た市の職員が手配したようです



ガーッ ゴーッ ザザーッ

5~6人の男たちが

400~500㍍程の距離を

あっという間に綺麗にしていきました



なので 

昨日の町内春の側溝掃除は

朝6時 チラッと覘いただけ ( ^ω^)おっおっおっ

終わった~!



天気も良いことだし

行くぞ!



とやってきたのは

船形連邦薬莱山のふもと やくらいガーデン

近くにはスキー場 ウオーターパーク 薬師の湯

土産センターなどがあり 

リゾートエリアになっています


026


019


昨日は 芝桜が見ごろでした

空の青さと薬莱山の秀麗な姿

その手前に広がる ピンクの花畑

そして緑の木々と

思わず深呼吸がしたくなるような…

008
 
  白樺の白さが緑の中で際立って綺麗

 
と言いたい景色なのですが

昨日は暑くて 深呼吸できなかったです



とはいえ身体は 

がっちりと 深呼吸できましたよ

016

遠くに チャぺルが… 

う~ん かきたてますねぇ

021

024

038

ここは菜の花畑

036

一面 黄色の丘が素敵です



片道2時間かけて

お昼過ぎに出てきたのですが

薬莱の山裾に抱かれて 

自然の空気を思いっきり満喫 



あぁ 癒されました



帰りに土産センターを覘いてみましたが

時すでに遅く

覘いて 味噌おでんを食べただけ


その味?

当然 美味かったのだ

2012年5月20日 (日)

線量は?

昨日 木くずを中心とした石巻の震災瓦礫80㌧が 

北九州市に向け搬出されました



小倉と門司の2か所の廃棄物処理場に持ち込まれて

23日から3日間かけて試験焼却されるとのこと



本格受け入れではありませんが

被災自治体最大の災害廃棄物をを抱えている当地では

初めての瓦礫搬出となります 



焼却灰の線量測定後

北九州市民へ測定結果を公表するとのことです



受け入れに反対している一部市民

への判断材料となるようですが

受け入れ先の市民を不安にさせるような結果にだけは

ならないようにと 願うばかりです



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。




002

タラの芽・フキ・ウド・筍と

木の芽時の春から初夏にかけての今

自然の生命力を感じさせる山の恵みが

大好きです



特に筍と同じくらい好きなのが フキ 



そのフキを…いただきました



チームのきこちゃんが練習日の金曜日

体育館に持って来てくれたのです

それを ただ無邪気に喜んだかぶ



持ち帰り 

さて茹でようかというとき …coldsweats02



そのフキの情報が何もわからないことに

はた と固まった

きこちゃんが頂いたフキなので

何処産かがわからない



きこちゃんに確かめることも

チョッとできないしなぁ



市報には 

線量の高い牡鹿半島の山林への

立ち入り禁止の情報はあるが 

現場に立札などの

注意喚起がなされているのか不明です



山の汚染の度合いも場所によって違うし

大好きなフキを前にして

どうしたものかと 悩ましい



昨日のかぶでした

 

2012年5月18日 (金)

今日は雨

今日は雨

せっかく咲いたボタンが気の毒なことに…

007

こちらは

003

昨日の夕方

自転車で買い物をしての帰り道

よそのお宅のクレマチスに惚れ込んで 

お断りもなしに 手持ちの携帯でパチリ 撮影



毎年 ひそかに楽しませていただいてました

このお宅の家人にお会いしたことはないのですが

震災では ここも浸水しています

でも「モンタナエリザベス」に影響は無かったようです



いつもと変わりなく開花した華やかな様子に

家人のお元気な姿を重ねて

ひそかに 良かった…ですね



004

春から初夏に向かうこの時期に

大地の恵みをうけ勢いよく伸びてくる

大好きな食物が 筍です

もうすでに煮ました

地物です 頂き物です

気にはなりますが



食っちゃうぞ~!


2012年5月17日 (木)

野良に物申す

004

白黒ブチ猫が最近顔を見せない

と 思っていたら

どうも縄張り交代したようです



最近は ペルシャ系雉トラが横行している

野良にしてはデブなので

どなた様か 主のある身なのだろうか 



その雉トラ君が 断りもなく出入りして

こともあろうに我が家の庭で用を足してゆくのです

しかもちゃんと土をかぶせて 何食わぬ顔



今朝 窓越しに目と目があってしまい

威嚇したのですが 逃げようとしない

ここで負けてなるものかと

ドタバタしながら玄関を開けると

察した雉トラ君は すでに逃げた後だった

このデブ君 逃げ足は結構速い



数日前には物置の屋根の上にいて

知らずに近づいたかぶの前を

急に飛び出しドタドタ逃げ去ったので

ホントにびっくりさせられました



びっくりもしたけれど

あのデブ君 

数十年もたって脆くなったビニールトタンの屋根を

頼むから壊してくれるな と

考えたのはそっちだった



「我が家の財産 壊してくれるな!

     庭のトイレ化 絶対反対!」


003

005

2012年5月16日 (水)

宮城の方言

夕べは家庭バレーボールの練習日



週2回 体育館に集まって汗を流し

大きな声をだして

時に腹筋が痛くなるほど笑い転げて

みんなで動けることを楽しんでいます



全身の細胞が活性されるような

爽快感が

「何も言えねぇー!」



70を過ぎたAkiちゃんは

チーム結成当初からのメンバーです

もう30年も続けているのですが

70の声を聞いた一昨年 

「私の年なんぼだと思ってんの」

と言いながら 辞めると言うので

「身体は動かさないと動かなくなるよ」

と脅しをかけて みんなで却下 阻止した



今年も 昨日からAkiちゃんが合流して

揃って練習ができた



震災で人が欠け

揃わなくなったチームが結構ある中で

それぞれ被害はあったものの

揃って練習できることに

みんな幸せを感じています



そんなAkiちゃんを車に乗せ

2人で帰りながら

車の中のたばこの臭いで

やり玉に挙げたかぶの主人の話



Akiちゃん「タバコは血管詰まらせるから

       止めた方がいい って少し脅かした方がいいよ」

かぶ「そんなこと言ったら 

    なおさら イシェパって プカプカするっちゃ」

Akiちゃん「あら~ しばらぐぶりで聞いだよ~」




このイシェパるとは   

意地を張る  って感じかな



以上仙台弁講座(?)でした

2012年5月15日 (火)

母の日・パートⅡ


13日 石巻の潮見町に建設していた

仮設焼却炉 一基に〝火″がともった

7月までにあと4基が完成し

8月中には5基でのフル稼働が始まる

1日1500㌧と 

仮設の焼却施設としては 国内最大規模とのこと

200万㌧とみられる可燃物のうち

72万㌧を来年の12月までに処理する計画だそうです

瓦礫処理が進むことで 復興が加速する

希望の灯になるだろうと 心強くはあるのですが

依然として

広域処理に頼らざるを得ない状況に

変わりは無いようです

1日も早く 

明るい見通しが立つことを 願っています



003



昨日は仲間8人で

「母の日 自分へのご褒美会」

と銘打ち おばば達の昼食会



カメラを忘れて 携帯画像

これが 手振れかピントブレ?

028

こんな画像で

029

コーヒー・デザートがついて

金2000円 

ほんの ささやかですが

食った 笑った 喋ったの

大盛り 大盛り!



この後 場所を変えての パフェまつり 

で夕方まで 楽しませていただきました



母の日(婆?) ありがとう!

 

2012年5月14日 (月)

母の日

003

ハナズオウが開花してピンクの花が愛らしい





ささやかな 母の日ギフト

007

顔を見せるだけの娘ですが

喜んでくれて いい笑顔の母を見ていると

おかあさんありがとう の言葉と

お義姉さんありがとう とが一緒です

(どちらの言葉も心の中で そっとね)

009_2



帰り道

1週間前 波乱の田植えが終わった田んぼの

生育はどうかと チョットのぞいてみた

葉の色は まだ落ち着かない様子に見えたが

ど素人にはわからない

どうだろうか?

012



夕食は何事もない いつもと同じ食卓

027

と思っていたら かぶにもちゃんと 

用意してありました

みんな ありがとう!

014

2012年5月12日 (土)

宝物

005

小さな白いスズランが

連なってうつむいている姿がなんとも可愛い



季節とともに移り変わる庭の草木をみていると

半身不随で 

庭の中をこいで歩いた 

おじいちゃんの 気持ちがわかります



転ぶと一人では起きられず 

「危ないから」 

と どんなに注意しても 聞く耳を持たなかった

 



庭と物置に揃っている道具は

おじいちゃんの宝物だった

(ガラクタもあったけれど)



それも 多くは津波で瓦礫と化し

ほとんどが消失しました

今頃 嘆いているのかも



でもね

006

これは今でも使っているから…



棒きれに ただ針金をまいただけの

おじいちゃん特製の道具です

物干しざおや洗濯物をかける時に重宝しています

これがなんと30年以上 毎日使い込んでいる代物です




庭の草も負けないように抜かないと

おじいちゃんに叱られそう

002

みやこ忘れも咲き始めました

2012年5月11日 (金)

反対します

Akiちゃんがシラスを持ってきてくれました

「放射能検査合格してるから安心してね」

との言葉を添えて



震災以降被ばくを気する間もなく

食べられるものは食べて

自宅の復旧を目指してきましたが

一段落するとやはり気になりました



かぶの年では 多少の内部被ばくがあったとして

直接影響が出るまで寿命が持たない

だが 二人の息子たちが心配です



買い物は やはり産地を気にするようになりました



そのことが 生産者にどんな影響を与えるだろうか

と考えると

震災瓦礫を処理しきれない程抱えている市民の一人として

品定めしながら 「チクリ」 心の痛みを覚えています



原発事故に故郷を追われ 生業を失い

大勢の関連自殺死

産地偽装で農産物の信頼が揺らぎ

猜疑心も生まれてくる

自然の恵みも味わえない



広範囲の汚染がもたらしたものは大きい

女川原発の再稼働に慎重な市長の姿勢が

新聞報道されています

でも ノー ではありません

市議らの防潮堤見学の報道もされ

稼働は時間の問題なのでしょう



かぶは原発には反対です



そんなことを考えながら

頂いたシラスは

豆腐と三つ葉を入れて卵とじ と

てんぷらにして 美味しくいただきました




 

2012年5月10日 (木)

講演会



昨日は街の青年会議所主催の講演会があって

会場となっている地元の大学まで行ってきました



たまにはアカデミックな雰囲気を味わうのもいいかな

との軽いノリと

なにか地元の復興に役立つ知識を得たい

という陰ながらの思いもありました



講演を聞いたからと言って

知識がそう簡単に吸収出来る訳もないし

吸収できたからと言って

このかぶに何が出来る訳でもないのですが

どこかで少しでも役立つことがあれば良いなとの

いわば おばぁの悪あがき



その悪あがきに友人を誘って4人で出かけました



一代で会社を立ち上げ

さまざまな展開で

独自の事業モデルを構築してきた

ワタミの創業者 渡邊美樹氏 講演会です



1959年生まれの渡邊氏は 小学5年生の時

父親が経営する会社が廃業することになったために

(自分は将来 社長になろう)と 決意したそうです



そのため大学を卒業する迄に

「どうしたら社長になれるか」

「何の業種を始めたらよいのか」

世界を自分の足で歩き 見て 感じて 学んで

外食産業に目を付けたのだそうです



その目標を定めてからの

思い込みの強さと

先を見据えて展開してゆくための

計算と行動力 

これがずば抜けていたのでしょうね



まず 自分の夢に 日付を入れ

「24歳で社長になる」と決めました

会社を立ち上げるためには 

300万円のお金が必要です

そのお金を貯めるために 

手取り37万の給料が取れる会社ということで

渡邊氏が選んだ会社は 佐川急便でした



佐川急便では死ぬほど稼ぎました

その肉体を支える

健康にも恵まれていたのでしょう

そこで事業資金のお金を一年で手にして

ワタミが始まったそうです



外食・介護・高齢者向け宅配・農業・環境など

実に様々な事業を展開していく中で

人も事業も万全であり得るとは限らない



例えば そんな一面があったとしても

そこから先の一点に向かい

修正しながら前に進む



渡邊氏の夢を実現していくパワーが

伝わるような そんな講演会でした



我が息子たちに 聞かせたかったですね



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

002_copy_2

昨日夕方帰宅した主人が

病院の薬袋のようなものを差し出したので

「これ なに?」と聞きながら

よく見ると

中央のハートマークがかわいい



「もらった」とのこと

中を開けるとお菓子が入っています



職場の和気あいあいとした雰囲気が

伝わってきて

その心遣いに「ありがたい」と思いました



でも 仕事中に作ったの?

ホチキスで袋作って

シール貼って

ピンクのマジックで名前書いて

駄目じゃろ!(笑)

2012年5月 9日 (水)

食糧買い出し


昨日も茨城つくばの竜巻被害のニュースが

報じられています

被災者の方が炊き出しに列をつくる映像が

昨年の震災とダブリ

つい 避難所暮らしの当時を思い出しました




海からの距離を考えると

ここまで水が来ることはないだろうと

軽く考えて 

食べる物も飲み物も持たず 家を出ました




避難した近くの中学校からは

自宅の屋根が見える

明日には 家に帰れるつもりでいたのです

だが 夕方にはそれはないと分かりました




その日から約1か月

避難所での生活が始まりました




3日目までは飲まず食わず

お腹は空かないけれど

喉の渇きがつらい




2日目

椅子やテーブルをつなぎ合わせて

水に浸かっていない裏の土手に

抜ける道を確保しました

3日目になって やっとそこから出入りし

水汲み出来るようになりましたが

帰ってくるまでに 数時間かかりました




ニュースの映像のように列に並んで

食事を待ち 水をくみ 長靴を購入し

足りないものだらけの中で

便利な生活が いかに脆いものかを

思い知らされました




裏の土手を行きかう人々は

リュックを背負い ヘドロにまみれた長靴を履き

片手に棒切れを持ち…

まるで 戦後の食糧買い出しのようでした

(映画の中で見た光景ですよ ホント)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



花ニラもそろそろ終わりのようです

008

水仙は葉が大きく伸びて

つつじがその横で満開

チューリップは茎が伸びすぎて

だらしなく くねってます

009

チンマと纏まっていた庭がジャングルと化し

草の勢いに負けそうな季節がやってくる




っていうか 

ほとんど 戦わずして戦意喪失

「もっと戦え!」と檄をとばしても

蚊が出始めるころにはへなへなと

なすがままのかぶなのです


011

新葉が出てきて 復活した金木犀

012

ボタンも花芽が膨らんで咲くばかり

017

2012年5月 8日 (火)

お弁当一丁あがりぃ!

ハイ オベント一丁出来上がり~!

003

今朝もワンパターンでごめん 



って感じで

代わり映えしないお弁当ですが

主人は 

昼食のことを考えなくてもいいので

(あると助かる) と言ってくれます



今は毎日のお弁当作りになりましたが

主人が定年になるまでは

手抜きばかりで 

お弁当の日はホントに少なかった



かぶの仕事もありました

そして

子供たちが小さかったころは子供たち

次は 脳梗塞だった主人の父(おじいちゃん)

その後は 主人の母(おばあちゃん)と

次々 手が掛かるようになって



思うと

手際の悪いかぶにとっては

身に合わない程 手一杯に抱えて

お弁当を作る時間は

あったかも知れない

でも 余裕がなかった

というのが正直な感想です



どこかに 

(お弁当も作れない主婦でごめん)

という

罪悪感のような後ろめたさが 育っていた



今 毎日のお弁当作りに

達成感を感じながら

(やればできるじゃん)

みたいなぁ~~~っ!



主婦卒業 のようなこの年になって

はしゃいでいる かぶでした







2012年5月 7日 (月)

自然の猛威

003

5月6日(日) 籠峯山頂上にて 撮影

ミヤマリンドウによく似ているのですが

図鑑を調べると季節が違う

花の形はリンドウで間違いないでしょう

005

ヘビイチゴ

009

ヒメジオンですね




茨城つくばで起こった竜巻の脅威に 

愕然としました

自然の猛威は起こりえないものではなく 

「起こるもの」と考えなければいけないのだと

念を押されているようです

さまざまな声に耳を澄ませることが

とても大切

畏怖をもって人間の生活を考え直さないと

「何が起こるかわからない」 

とそう思いました




被害を伝えるテレビのニュースに

突風の凄まじさと巻き込まれた方々の

恐怖が伝わってきます




被災された住民の方々の

1日も早い復旧を望むとともに

亡くなられた中学生のご冥福を祈ります



多難はあるもの

016

田植えの手伝いは

午前中で終わるはずだった作業が

ハプニングの連続で 多難な一日になった




米づくりを喜んでいた兄には

ちょとお気の毒 

それでも 1日がかりで

夕方までにはやっと 終了したのですが



その多難というのは




予定していた4日の田植えは

前日の暴風雨が田んぼを大きな池にしてしまい 

仙台から召集された姪家族が 

何もできないまま空振りして帰って行った




5日は 早朝からの強風が

ハウス育ちの苗には 心配のたねで

それでも お天気の都合を考えると

決行せざるを得ないということになり





さぁ 今から (始めるぞ)というとき

試運転ではOKだった田植え機械に問題がでた

動かない!




すったもんだの原因究明が終わり

やっと運転できるようになったのが 10:30

我が家のお手伝いモード・スタンバイから

すでに3時間が経っていました


005


二年ぶりの田植えが やっと始まりました




風は 強風だったが 

小鳥やカエルのなき声と共に

自然と一体になって作業をしていると

気持ちいいー!

田んぼの風に吹かれて おやつもした




順調にいくかと思われた その時

007

除塩のために掘られていた溝に

機械が落ちてしまったのだ




もがけばもがくほど深くなって

重機でなければ どうにもならない




屈強(?)な男たちが周りでうろうろしても

出るのはため息だけ




しばらく待ったが

我が家 手伝い組は撤収!

昼食をごちそうになり

帰宅をしたら もう夕方でした




手伝い組が帰った田んぼで

重機にかたをつけてもらった兄は

残った田植えを

どうにか済ませたとの連絡があって

ほっとしました




ホントにねぇ

何事も順調にはいかないもの

それが常だと思って 

備えろってことですね




でもね

兄にはちょっとお気の毒だけど

年2回のお祭り参加(田植え・稲刈り)で

昼食の焼肉パーティー

これがうまかった!




そしてかぶは 

その後の筋肉痛に悲鳴ですぅ

太ももの後ろ 

イタタ~ッ!

017

   5月6日 

2012年5月 4日 (金)

今日はみどりの日なのね

やっと田んぼの除塩が進み

一部田植えが出来ると喜んでいた兄だが

予定していた今日は 

昨日から降り続いたあいにくの雨で

田んぼの状態はどうなのだろうか?




昨日の朝から降リ始めた雨が

今朝まで強く降り続き

夕べは眠れない夜のはずだったのに

目が覚めると…

ぐっすり寝込んでいましたわ(笑)




今朝 市内には

冠水で通行止めになった所が5ヵ所もありました




我が家の前の側溝も

004

今朝は こんな感じに

満潮時刻は?

旧北上川もモリモリなので 気になります




今 雨は止み 明るくなってきましたが

まだ油断は禁物

川上の状況次第では増水が続きます




可愛い花ニラは この雨に

うつむいてしまいました

005

主人は今日は出番です

お弁当 初公開!

002_copy2_2


昭和天皇の誕生日であることから

設けられた「みどりの日」が 

今日だったとは…




連休中日に出勤するお方

ご苦労様ね!

2012年5月 3日 (木)

外は雨

001

タンポポが満開です




昨年の避難所暮らしの中で聞いた生演奏に

涙が出るほど感動して

音楽とは縁もゆかりもなく暮らしてきたかぶが

いま ○○の手習いで

生まれて初めてピアノの鍵盤に触れています




昨日は 月2回の練習日にあたっていて 

風が心地よく レッスンのあるアイプラザまで

自転車で出かけました




近所の田んぼが

すっかりタンポポ畑に変身しています

002

驚きました

セイヨウタンポポの強さが目立ちます

007

数年前まで

田んぼには水が引かれ

田植えが終わった頃には

カエルの声に季節を感じたものです




その田んぼも どんどん宅地に替わっていき

近所で残ったのは ここだけになってしまいました

もう田んぼとも言えなくなっていますね

004

そして

田んぼの近くには この地方には珍しい

日蓮宗のお寺があります

その「久円寺」の桜も散っています

あっという間に桜前線が 通り過ぎていき

季節の移ろいを感じます




ピアノは 「きらきら星」から始まる

「大人のための ピアノレッスン 入門編」

007

これが 昨日終了して

今度新しい本に入りますが

よどみなく 両手で演奏できるようになるのは

いつのことやら…




今日は 雨

5月の総雨量を超えるという雨と風の予報です

石巻は 大雨・洪水・暴風・波浪と

4つの警報が出ています

心配しながら

窓の外

花ニラを眺めています

003

2012年5月 1日 (火)

みんな元気


001

湊町にある知り合いの庭に咲いていた花ニラを

「かわいい」と言って頂いてきたのは

今から5~6年ほども前のことです

本家本元の庭は 

今は津波にやられて 更地になりました




肥料っけのない我が家の庭でのこと

花をつけたくても力が出せなかったのでしょう

雑草と間違えてふんずけて歩く奴もいたけれど

今年 初めての開花です

皮肉なものですね




そして初めての開花と言えば

植え替えしていないこのチューリップも

006

10~20数年ぶり?

毎年 葉っぱだけは ヒョロヒョロと出ていました

なのに…




水仙といい 花ニラといい このチューリップといい

草花の強さと根性には頭の下がる思いがします

もしかして ヘドロの中の肥料が効いたの?




本人に聞いてみたい気がしますね 

011

019_2

ボケ

012

ギボウシ(この名がどうしても出てこなくて…↑?)

018

桔梗も

花ニラとは違う湊町の知り合いから頂いてきたもの

庭の手入れを欠かさないお宅でしたが

今はやはり更地になっています


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »