« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の22件の記事

2012年6月30日 (土)

蚊取り線香


かぶは夜ぐっすり眠れるタイプで

あまり夜中に目が覚めることはありません



ですが 

さすがに震災があった昨年中は

いつ大きな地震がくるだろう と戦々恐々

なかなか寝付けないし

夜中に目覚めることが度々ありました



そんなある夜のことです



以前は長男トマトが使っていた部屋を

補修工事が入るために一時的にということで

主人と二人の寝室に使うことになりました



その壁には演劇をしていたトマトが使った

お面がかけられていました


005


これですよ

どんな演劇か 大体ね…



で この時計は電波時計です

秒針が12を示す3秒前に 

ピッピッピッと 3回緑色に光ります



その夜は 2時過ぎ頃に目覚めて

「何時?」と時計を見ると 

ちょうど光り始めたところでした



ところが3回で終わるはずの光が

突然 赤 緑と交互に点滅を始めたのです



それが30秒ほど続いたと思うと

今度は 緑の光が連続で30秒ほど続き



そんなこと「ありえない!」と思っているかぶは

思わずその時計の下のお面を見てしまったのです



寝ぼけているのかもと

身体を起こしてトイレにも行ってみました



ですが それは現実で

お面の主たちが

舞踏会でも始める合図かも知れない

そう思うと ドキドキが止まりませんでした



震災ではたくさんの方が犠牲になられていますので

いろいろ噂もありました

たぶんことさらに敏感になっていたと思います



落ち着いて後で考えれば

電波時計なので 

毎日その時間に秒針調整しているのか

と思えるのですが

その夜は本当に驚きました



夕べも その時間に目が覚めました



同じことが (また起きるだろうか)

と時計を見ていたつもりでしたが

いつしか眠り込んでしまったようです



004

今年初めての蚊取り線香で

昔を思い出すような 懐かしい心地よさが

眠りを誘ったかもしれませんね



2012年6月28日 (木)

新人研修会


昨日 新人研修会がありました



(何の?)ていうと ほらっ

かぶが今年から始めた保健推進員のです



市内全域のフレッシュ(?)な推進員が

一堂に会して

保健推進員としての心得なぞ

教育してくださるという 研修な訳です



ワークがなけりゃいいのにと心の中で願った思いは

神様に届かなかったようです



ワークというのは 

ここではコミュニケーション・ワークのことで

これはかぶの最も苦手とするところなのです



同じ市内 同じ新人推進員ですが

見ず知らずなわけで 

その中で自己紹介したり

3人グループに分かれてのワークというのは

チョット 苦手



「お金があり 暇があったら 自分なら何をしたいか」

3人それぞれが役割をきめて

話す役 聞く役 その二人を見ている役と

役になりきって 1分間お話をするのです



そのお話をすることがねぇ…

落ち着いて筋道たてて

自分の考えをお話しできる人を

かぶは無条件で 尊敬しますねぇ



そんな人が何をお話ししたかと言うと



かぶがまだフレッシュだった頃

友人と長野の安曇野に行って以来

山が好きになりました

それで結婚するときに

時々は 旅行がてら山に行きたい

と希望を言うと 主人は

いつでも行けばいい と言ってくれました

ところが 現実はそれどころではなく

いけるところと言うと 確かに山ですが

近所の山の 山菜取り?

という訳で 

3000メートル級の山登り と言いたいところですが

今の体力では 山登りはかないませんので

日本全国少し遠いところならどこでもいいので

旅行がしたいです



と こんな風に言いたいところでしたが

ゴチャゴチャと 何を言ったんだか…





001

そしてこの日は 講話があり

県の対がん協会技術専門監の先生が

「知って安心!女性のがん予防」

と言うことで

乳がんと子宮がんについてお話をされました



こうしていろいろな情報を耳にすることも

ワークも身体には刺激となって

自身のボケ予防にはいい事かも



地域の保健推進員としても

少しでもお役にたてるように

と思っています

かぶで大丈夫? できるかな…



2012年6月27日 (水)

潮見町の瓦礫


瓦礫処理をめぐっては被災者の主婦目線では

測りきれない問題があるようです

悲しいかな一介の主婦には理解不能



広域処理をめぐって感じていた重苦しさを払拭するため

情報を得れば得るほど絡まってゆく 

解せないものがある




その動きを注目してゆくだけなので

潮見町の処理現場に来てみました

008

石巻市に建設中の仮設焼却炉は

007

県が委託した鹿島JVのBヤードの中にありました

013

015

018

二次仮置き場は見晴らせるもの全てが瓦礫

019

旧北上川河口近く 南浜町から見渡した魚町にも

瓦礫はまだ山と重なっている



この全ての山が片付いて平常の活気が戻るまで

何の力もないかぶとしては

見守るしかありませんが

その経過だけは見ていこうと思っています



2012年6月26日 (火)

大きくなぁ~れ!


家庭バレーボールの6部優勝に酔う かぶ庭



一日見ない間にますますジャングル化の様相を呈し

背丈の伸びたアジサイ・トマトと

欲張って植え込んだ野菜たちがぐんと大きくなっていた



雑草などもちろんのことです

022

025

それでも日が沈む間際の

白く浮き上がって見える大輪のあじさいは

緑の葉っぱとのコントラストが

ハッとするほど美しい

027

「墨田の花火」は地植えにしてやっとかぶ庭

の土になじんでくれたのでしょうか?

今年初めてまともに咲いてくれそうです



花の時期が終わりそうな鉢植えを買ってきたのが

何年前だっただろうか?



「こかぶ」は 

二男のロッチがプランターで育てている野菜

033

かぶになってきたと喜んで水やりをしていたが

のぞいてみると ホント可愛いかぶが顔を出している



初々しいです

(かぶにだってこんな時がありました…っと 

 どうでもいい情報ですね)

032

早く大きくなぁ~れ!

美味しくなぁ~れ!

2012年6月25日 (月)

蔓延るぞ


小学生が遠足を ワクワクしながら待つように

平均年齢約65歳というお婆チームは

一年半ぶりに 震災を超えて

今年初めて参加する協会長杯に

ワクワクしながら大会当日を迎えたのでした



当日の昨日は 晴れ!



9時15分からの開会に

001

只今 準備中です



いつも二階の観客席は

参加者分を確保するのが大変でしたが

今回は空席が目立ち それが少しさびしい



けれど

お母さんたちは ホントに元気だ



そりゃ 

中には震災で大切なメンバーが

犠牲になったチームもありますよ

家族を亡くした方もあります



それぞれ抱えているものはありますが

それでも元気でいることが大切だし

こうして大会に出てこられることが 幸せ

010

見てください ボールを追いかけている時

みんな ボールしか見えていない

アッパラパー? だよ



それにもまして アッパラパーなのが

この昼食

011

み~んな ダイエットを口にしながら

「明日から ガンバロー!」って



痩せられる訳がない



この日も帰宅して 2kgの増 

でもこれが楽しみの一つなのです



そしてこの大会参加に 

最大のチョー嬉しいことがプラス 



5部昇格は

不戦勝と言ったところで すでに決定していました



あとはゲームを楽しむだけでしたが

対戦相手は 

どう見ても 平均年齢30代の強者たち



練習中も 強烈なアタックがさく裂していました



ところが蓋を開ければ 

いつの間にかお婆チームは 2セット連取で

6部 優勝~~~!



嬉しいついでに

メンバーには内緒で

020_copy_2

写真 公開です



娘たち(嫁か?)に勝ってしまった

まだまだ お婆たちは 蔓延ってやるぞ!

2012年6月23日 (土)

チーム


明日は家庭バレーボール

第68回協会長杯春季大会



すでに5部昇格の決まっている我がチームは

目標 「とにかく思いっきり楽しむ!」こと



一試合だけというのは 残念ですが

震災後 運動不足(年のせい?)で

スタミナにはイマイチ自信のないメンバー

ちょうど良かったかもね?



やっと揃った今大会のメンバーは



まず筆頭が

われらが「先生」 古希を超えたAkiちゃん

グループの結成時から30年もバレーをしているお局様です

ポジションは2番 アタッカー

美人かも?



お次は

Akiちゃんに続く古参のメンバー

明るいおしゃべりでチームを盛り上げる ロッテンマイヤー

チームの笑顔を作り出す 魔術師です

アニメ「アルプスの少女ハイジ」に出てくる

あのロッテンマイヤーの衣装によく似た服を着ていることが多くて 

ある時 Akiちゃんが言い出しました

それをみんなが納得して大笑い

彼女は8番アタッカーで裏エース



お次のきこちゃんは

ポジションが 3番でセッターです

人一倍の元気でチームを背負って立つ 司令塔

ずばずば思ったことを言いながら

他チームをも納得させる チームの外務担当です

兼 財布を握る財務大臣でもある

なんでも任せなさ~い!



4番は我らがエースアタッカーの 〝J″ちゃん

メンバーの一人 よっちゃんの娘です

長い髪 すらっと伸びた足

笑顔がさわやかで

これからのチームを背負って立つ 

次世代の頼もしいリーダーです



お次よっちゃんは 5番レシーバーです

身も心もどっしりと 何事も動じないチームのお母さん

そして〝J″ちゃんのおかあさんです

グレープフルーツダイエットで

10kg以上のダイエットに成功して

根性を見せつけたのになぁ

あっという間でした…



6番カメちゃんはアタッカー

一見いいとこの奥様風

が チームカラーにマッチしすぎです

一緒になって ガハハッ! ですもの



そして 今回人手不足で

助っ人加盟してもらったみっちゃんは

7番レシーバー

みっちゃんのチームは震災後に分解して

家で引きこもりをしていたのです

それを きこちゃんが引っ張り込みました



それに1番かぶでレシーバー



と言うことで 

これが今大会のベストメンバー

みんな震災被害を受けたけれど

無事に大会参加が出来ることを喜んでいる



良かったねぇ~! (* ̄ー ̄*)

2012年6月22日 (金)

瓦礫は


震災瓦礫の処理について

ネットの中だけでもたくさんの情報が溢れています



何が正しく何が間違っているのか

知識を持たない者には

判断の付かないことが多い



20日

北九州市が受け入れを決断し

8月から焼却が始まるということです



北九州市市民の皆様には 迷惑なことですね

反対の方の声はまだまだ大きく

被災地の市民として 心が痛みます



瓦礫処理は放射能の脅威が問題ですが

その判断と経済と他諸々の事情が

絡み合っている 



それでも お願いせざるを得ないのが

被災地の事情だと 信じています



主婦目線としては

瓦礫は震災前の生活と命が宿っていて

衛生面からも精神衛生上からも

復興を大いに妨げるものだと思います



市内を歩けば

瓦礫として残っている物は確かにありません



ですが 

大きな仮設の隣には広大な仮置き場があり

まだまだ片付いたとは言えませんし

誰もが通る海沿いには

うず高く積まれた瓦礫の山が並び

心が痛みます



元の海と 

漁業を支える港町・工業港が戻ってこそ

そこで働く人の元気も 

街の復興だと感じます



放射能だけでなく

致死微粒因子に侵されているという東北が 

10年後に立派に再生される姿を

この目で見たいものだと思っています

2012年6月21日 (木)

とりあえずばんざい !


この24日(日)に家庭バレーボールの協会長杯があり

夕べその抽選会に出かけました



参加チームは震災前の半分に減りました

震災の影響がこんな所でも感じられます



協会はチームが8部制になっていて

震災前には

それぞれの部に

8~10づつの加盟チームがありました




なので多いときには全部で70チームほどが

協会に加盟していたのです



そして協会長杯ともなると 

ほとんど全部のチームが参加しましたので

にぎやかに 緊張感を感じながら

ゲームを楽しんだものです



かぶが所属するチームは現在6部です

「若かりし十数年前には 

  2部だったこともあるんだも~ん!wink

…と言ってみてもねぇ



寄る年波にゃ勝てません



みんな納得の6部です

楽しけりゃ それでいいんです



ところが

夕べの抽選会で大事件!



001



なんと 6部参加チームが2チームだけ



と言うことは

1回戦でいきなり決勝戦ということです



優勝 準優勝が上位チームに上がるので

かぶたち 戦わずして5部昇格決定!!!



ワォーーー!



んっ? 

うっ 嬉しいけど…

なんか物足りない

本来なら決勝まで3試合あるんですよ



3試合 勝ち上がる楽しみが

ゼロという訳でして…



まぁ いっかぁ~~

とりあえず ばんざ~い!

なのです

2012年6月20日 (水)

台風4号上陸


6月としては珍しい日本列島への台風上陸で

昨日はハラハラの一日でした



被害にあわれた所もあるようですが

当地では雨量も風も 思ったほどではなく

一夜明けて ホッとしています




昨日の夕方 防災無線から流れる

隣の地区への避難勧告で

一瞬 緊張が走りました



家の前の側溝から 

冠水があるかも知れないと覚悟しました



防災無線を聞いて 土嚢をつみましたが

側溝も溢れることなく

土嚢も積まれたままで

被害なく済んで まずは一安心です



去年の震災から

天変地異や原発の脅威が

人間に圧力をかけています



その脅威には

ただ静かに向き合い

対応するだけです

…そうありたいと思うだけで



「アタフタするんじゃねぇ!」

と言われたってねぇ

お次 台風5号がすぐ来てるよ!



大変だ~~!







2012年6月18日 (月)

懐かしいね。


兄夫婦が用事で出かけるというので

昨日は 

助っ人かぶが実家に留守番に出かけました



母の部屋でアルバムに目が留まり

しばし 二人で懐かしい写真を眺めては

言葉少なに 昔のことを語り

ホンワカした 母の喜ぶ顔を見ることが出来ました



写っている

今の自分より若かったであろう父母と

子供の頃の兄弟の姿



決して裕福とは言えない小農家で

母はなりふり構わず

田畑に出て働くことが生活のすべてでした



そんな母の背中だけを見て

その心を思いやることが出来ず

娘一人の自分に 寂しさを感じていたのです



「もっと話しかけてよ!」

「私に相談できることはないの?」

「話を黙って聞いてよ 受け止めてよ!」



望みはあっても

口に出すことはできず

叶うことはありませんでした

そしてどこかで反発していきました



反抗期は

4人兄弟の中で一番強かったかもしれません



事あるごとに衝突していました



そんな反抗期を 結構長く引きずって

てこずらせた 悪い娘でしたが



今 顔を見せるだけで喜んでくれる母を

愛おしいと思える

ありがたい思えるのです



そんな母と一緒に 

昔の写真を懐かしく眺めて

嬉しい一日になりました


005_copy

 

2012年6月15日 (金)

庭の仲間


013

肌寒い日が続いていますが

草花たちは元気

一日一日 咲き切っては 散っていく

011

あじさいも大輪になってきました


021

コマツナギは満開

029

去年と同じところに植えたトマトの苗木6本に

大量収穫の夢をかけています

030

そしてスイカは

実をつけてくれるでしょうか

細いネットは持ちこたえてくれるでしょうか

033

とにかく みんな元気だ!



おとーさんの元気の源

今日のワンパターンランチ!


024

2012年6月14日 (木)

いのちの森

震災瓦礫の広域処理については

見聞きしている薄っぺらな情報では測れない

根深い問題があることを知りました



それでも 

瓦礫をこのまま被災地に置いて

有効な処理ができるのかどうか

広域処理の矛盾を突くだけでは

被災地に住むものとして

救われない思いだけが残る



何の力も 知力もネットワークも持たないない

おばぁが 気をもんだところで 

どうしようもないことだけれど



横浜国立大学名誉教授 宮脇昭氏の

瓦礫を使った鎮守の森構想には

これからも注目しています

2012年6月13日 (水)

鎮守の森


北九州市のタウンミーティングは

反対派の市民 対 受け入れ態勢の市とが

対立したままです



「九州市を

綺麗なままにしておいて欲しいと思います」

女性がそう叫んでいる

それに同調したたくさんの拍手



「瓦礫処理の費用で福島の子供たちを救え!」

広域処理は利権がらみだとおっしゃる



反対の理由はいろいろあると思います



自分たちの生活圏に

たとえどんな線量であろうと汚染された瓦礫を

持って来てほしくない 

子供を守り 家族を守りたい



根底にあるのは そういうことでしょう



拡散せず処理できるものなら

何処にも持っていって欲しくはありません



ですがこの膨大な量の瓦礫を

どう処理したらいいのでしょうか



東北の沿岸部は

瓦礫と共にたとえ低線量であっても放射線の中で

被ばく生活をしています



どうせ被ばく済みなのだから

瓦礫を眺めて 傷跡をなめて

運が悪かったと思ってあきらめろ

瓦礫は自分たちで始末しろ



そう言われているような気がしてとても残念です



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



瓦礫にタブノキの植樹をして森を再生させ

防潮堤を作つくろうと言う素晴らしい構想があるそうです



幅100メートル高さ22メートル

南北に300キロの防潮堤が

「いのちを守る森の防潮堤」となる



それを作るためには 震災瓦礫を全部使っても

全体の4.8%にしかならないというのです



完成すれば本当に素晴らしいし

試験的にはもう始まっているとのことですが

それを取り入れて完成させるには

瓦礫をどう処理して

どれほどの時間が必要なのでしょう



この壮大なプロジェクトが 

一時でも一日でも早く

軌道に乗ってくれることを願います

2012年6月12日 (火)

スタンドが消えた


10日

震災瓦礫の受け入れを検討している

北九州市の市長が来石しています



市民への理解を求めるためにも

自分の目で

石巻の現状を見るため とのことです



受け入れに反対している市民の方々にも

是非 被災地の現状を自分の目で見ていただきたい



夏場のハエや悪臭もさることながら

家族や生活を失われた被災者が

その瓦礫の山の隣で生活することが

心に及ぼす影響は どうでしょうか?



家族や生活の残骸である瓦礫をかたずけることからしか

被災地の本当の復興は 始まらないと思います



「悲しみがフラッシュバックする」

と語った仮設団地の自治会長の言葉が

心に突き刺さります



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



今日は午前中 

保健推進員の定例会がありました



県の原子力安全対策課の方を講師にお迎えして

放射線・放射能についてお話していただきました



お話を伺うと

講師の先生が

それを意図しているかどうかは別として



放射能アレルギーを取り除くための講習会

のようにも思えるものでした



結果として

石巻では 

生活に心配されるようなことはないとのこと



それでも 

低線量被ばくと病気の因果関係を

証明できる人はいないので

せめて直接摂取する食料品だけでも

注意し続ける必要はあると思いました



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



001

震災時のことがあるので

車のガソリンは満たしておきたい



近所のスタンドが改修工事のため

10月まで使えなくなりました

不便~!

2012年6月11日 (月)

懺悔と小鳥


いつもは朝までぐっすり眠るかぶですが

夕べは午前2時30分に目覚めて

それから寝付かれず

なんか悪い事でもしたかな

と考えてしまった 


 

横になって目を瞑っていても

することがないので いろいろ考えます



夕方 コーヒー飲んだかな?

いや 飲んでない



なんか悪いものでも食べたかな?

いや 特に食べてないよ



そうこうしているうちに

思い当った!



006

これ ノートパソコンの冷却シート



先週 このシートを290円で購入してきました

007_2

売り場では

確か3000円位と書いてあったはずの商品です



レジに持っていくと

商品は品番も間違いないのですが

読み取った値段は290円なのです



レジの方が2回も確認して

きっぱりと「間違いございません」

と言うので

そのままいただいてきました



でも あれは変 絶対変!

この冷却シートが 290円の筈がない!



そう思い 

売り場の値段を確認するため

昨日 再度店を訪れたのです 



なんと 

売り場には ¥3080 の値札の表示



でも

かぶは自己申告せずに

帰ってきてしまったのです



神様に懺悔しなくちゃ!



そのために眠れなかったのかもしれません



「かめ様 かぶは悪い事を致しました

もっと強く 3080円と書いてあります

と言うべきでした

これからはきちんとそう主張いたしますので

今回はどうぞお許しください!」



そんな訳で

今朝の気分はイマイチなのです



でもそれを吹き飛ばす出来事がありました



洗濯物をかけようとして軒下に入ったところ

虫でも追いかけてきたのでしょうか?

小鳥がその軒下に入っていたのです



後から侵入してきたかぶに

びっくりして

羽をばたつかせていましたが

入口にかぶがいるので

逃げていくことが出来ず

軒下に一瞬 止まりました



スズメほどの大きさの

背中から頭 のどにかけて黒くて

お腹の白いふっくらとした

かわいい小鳥です



写真におさめたい と思いましたが

すぐに どこかに飛んでいきました



スズメのような体型の

いつも見ている

セキレイやツバメとも違うようです



青い鳥ではないけれど

このかわいいお客様のおかげで

ホンワカ 幸せ気分になりました



後でお名前教えて頂戴

そして 来てくれて ありがとう!



002

2012年6月 9日 (土)

明日があるさ


バレー協会の協会長杯まで

あと4回の練習を残すばかりとなった昨日

真剣な練習が行われている



と思いきや いえいえ

相変わらずの笑い声ばかりです


001

体育館に集まり

バレーコート2面で5チームが 練習しています



写真は他チームを無断掲載 ごめんね 



でも一つのボールを無心で追いかける

みんなの目が ボールに集中していて

この瞬間 何もかも忘れている



それが幸せですよね



そのバレーを健康でいつまでも続けられるように

2日前から甘いものを断っていたかぶ


005

コーヒーにも7~8g程度の砂糖をいれ

毎日大きなマグカップで3杯は飲んでいました



決心して3日目にして 

この甘~いココアとミニパフェです



ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ



いつまでたっても

ダイエットは モノになりません



まぁ いっか~ 明日がある!  

ねっ!


2012年6月 8日 (金)

290え~ん?


今朝の空 

雲越しの太陽が時折明るくなったり暗くなったり

午後はにわか雨に注意ということで

東北の空も もうすぐ梅雨入りしそうな…



庭の雑草たちはますます元気です



負けじとかぶも元気…

と言いたいところですが

草と虫に負けそうで

タジタジです



少しづつ毎日をモットーに

今朝もチョットだけよ~ ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ


001

004


午後は

夏物衣料を仕入れようと 

イオンまで出かけましたよ



食事はフードコートで

パスタをいただいているところ


005

オッと 失礼!

食べかけです



買い物は

Tシャツ1枚分のお値段で

半そでシャツを3枚もゲットして



お次 陶器市コーナーへ 


006

何ともかわいいでしょう?

かめさんがお気に入りです



そして今日のハイライトは…ってか

これは大きな声ではチョット言えない事かも



帰りにヤマダ電機によって

ノートPCのクーラーを購入したんですね




確かにお値段3000円と書かれたものを

レジに持参したのです



でも レジでは

「290円でございます」

と言われて

「はぁ? 290円ですか?」

と尋ねました



店員さんはもう一度打ち直しましたが

品名も間違いなく 冷却シートとなっています



「間違いございません 290円です」

そうきっぱり言われましたので

それ以上かぶが頑張ることはないと

290円を支払い帰ってきました



こんなことがあるのでしょうか?

ハイグレードタイプってかいてありますよ



重さも結構な重さ 700g 

A4サイズのメイドインジャパンですよ

特殊無機結晶10%増量

ハードジェル構造ですって



どんなふうに考えればいいのか

290円?



さらに突っ込んで問い直さなかったかぶは



…………これで いいの?



 

2012年6月 7日 (木)

魂の音

金星の太陽面通過を見ようと 

グラスを手に玄関を出たり入ったり



結局雲があつくて 金星通過中の昨日の太陽に

お目にかかることが出来ませんでした



ですが

ピアノの受講日なので 

日差しがなく穏やかなのを見て

自転車で登場したかぶ


001

やっぱり この蔵に興味がある



立ち寄って 今度は裏側を見ながら

どんなお宝が眠っているかと想像してみるのです



いったい 何が入っているんでしょうね

年代物の大皿 や 漆器 お人形

それとも ただのガラクタ?

昔の農作業の道具とか…



中身は何でもいい

その雰囲気を

楽しませていただくだけなんですから



また寄ってみよう!



…もしかしたら

怪しく見えます?



ピアノの方はというと

先週と同じところを行ったり来たり

ご報告まで



そして 

夜は河北総合センター ビッグバンで

「長崎瑞宝太鼓」親子ふれあいコンサートがあり

行ってきましたよ


003


演奏中はカメラはNGなので

開演前を 雰囲気だけパチリ



メンバー全員が知的障害者で構成された

長崎瑞宝太鼓



5回の海外公演や国内イベントへの参加を経て

職業技能集団として活動するようになったそうです



その太鼓の音は

魂に響き 感動に満ちた公演でした



太鼓に打ち込むことで

生きる自信を身につけた強さが感じられて

親として 揺さぶられるものがありました


2012年6月 6日 (水)

大会まで

 

春の庭を彩ってくれた花たちが仕事を終えて

002 012

015 014

006 007

015_2 019

001_2 009

季節は夏に移ろうとしています



今月は家庭バレーボール協会が主催する

かぶたちにとっては大切な協会長杯があります



参加は 

例年の3分の2もあるのだろうか

と心配されています



協会の運営維持も

大変な状況だと思うのですが

活動の再開を嬉しく思うとともに

尽力された役員の方々に 

感謝 感謝です



どのチームも8人のメンバーを

維持することが難しい状況でしたし

練習場所を確保するのも

大変でした



昨年の震災による諸々の情況が

大いに影響しています



かぶたちのチームもやっと昨日 

参加できる人数に達しました



大会までの練習日は

あと5回

参加できることを楽しみながら

夕べもめいっぱい 笑い声を響かせて

楽しい時間を過ごしました



おばぁたち

頑張ってますよ~!

 

003

コマツナギが開花しそう

001

バラの花はこれまで無いくらいの花を咲かせています

004

金木犀は 青々と新葉が揃い始めました


我が家の庭は

吸血鬼や蜂が発生し始め

ジャングル化しそうな様相ですが

頑張って阻止しようと思っていますよ

2012年6月 5日 (火)

アリの巣


012



花びらを咲かせ始めたアジサイに

一匹のアリ



蜜を探しにここまで来たの?

それとも

夕べの一斉攻撃から逃れてきたの?



そう

昨日の夕方

このアジサイの根元から

たくさんのアリが忙しそうに出入りしてのを発見



地面の下にどれほどの大きさの巣が

出来ているのかと思うと 

じっとしていられなくて


013

買ってきました



我が家はとにかく古い

これまでどれほど怖い思いをしてきたか



「目にもの見せてくれる!」

と言わんばかりに 振りかけました



あれほど居たたくさんのアリが

今朝は いなくなりました



アリさん ごめんね

南無阿弥陀仏 



でも またすぐに大勢で押しかけるでしょ?



我が家は 怖いよ

巣ごとだから 怖いよ~



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



ワンパターンお弁当 公開

004


今日のおかずは



豚肉と玉ねぎの牛丼風とトマト

茄子の揚げびたしとウインナー

高野豆腐とガンモとフキの煮物

それに定番の卵焼き

塩鮭と梅干  以上



ワンパターンが イマイチかな~



でも 自分で点数つけるとしたら

100点!          wink



……つか

作っているだけで

満点 つけても いいのかな?   think





2012年6月 4日 (月)

ぶらり旅

昨日は ショートぶらり旅

「道の駅 津山 もくもくハウス」に行ってきました


45号線沿いにあるこの道の駅は

山に囲まれた静かな場所です


日差しが薄く穏やかな昨日は

子供連れのファミリーがのびのびと遊具で遊び

012


年配のご夫婦は散策したり買い物したり


時間が静かに過ぎていくような 

いい日でした

010

ここ もくもくハウスは

クラフトショップになっていて

国産材を使用したおもちゃや器・食卓小物など

たくさんの木工品が並べられています


野菜なども売られていて 

筍もフキもあいこも

自然の恵みが 何事もなく売られていました


それが すこし気にはなりました 

014


栗原の

その隣の登米・津山の山河に降り注いだもの

それが山の恵みへ与えた影響は

どうなのだろうか  と


県の農林水産物の調査結果を見ても

山菜のことには触れていないようです

013

ひなげしよりたくましいこの花

同じケシの種類のようですが 

名前は分からなかった


主人が朝 せっせと握ったおにぎりを

こんな場所でいただくのも

何とも言えない味がするものです



ご馳走さま 

また握って頂戴!

&また来ようね!

2012年6月 1日 (金)

衣替え


6月に入り学生たちもお勤め人も

今日から衣替え


と言っても 

東北は 今日はチョット肌寒いような気がしますので

夏服だけでは心もとない


移行期間ということで上着を重ねれば 

OK なんだっちゃ


衣替えなぞ気にしていたのはとうの昔になりました


お気楽なおばぁは 寒けりゃ上着を羽織

暑けりゃ脱いで 自由自在  


でも 家の中はやっぱりきちんと衣替えしなくちゃ 


と 思いっていますが 

今日もごろごろと メリハリなく

いつでも移行期間の かぶなのです


食べるもので季節を感じるだけでなく

季節を考えて生活にメリハリをつけることも 

一年の身体のリズムという点を考えれば

大切なことですね


網戸に虫コナ~ズ 買ってこなくちゃ!

タンスにゴンゴンも

タンスの中… \(;゚∇゚)/


がんばりま~す


006

一週間前に種をまいたこかぶが芽を出しました

003

おっこ(イチイ)の木の上に

おじいちゃんが昔植えたテッセンの生き残りが

今年も花を咲かせています

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »