« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の6件の記事

2013年5月27日 (月)

お口直し

昨日はパレーボールの試合があったので 

その記事をUPしようと思っていました



今朝 庭に出たところで

1週間ほど前から咲き始めていたみやこ忘れを

眺める度浮かんでくる歌が邪魔して ついついあらぬ方向に…



さて 本題

011

あららっ またまたみやこ忘れ (^-^;

失礼しました



今回は協会長杯前の親睦大会なので

ブロックは1部から8部までの混成

5部のかぶチームは1部チームとの対戦となった

抽選したのはかぶなので何とも言いようがない




戦う前から結果はわかっていたものの

試合は何の引っ掛かりもなく

セット得点が 1セット目1点と2セット目2点しか取れなかった



ふがいない結果だけれど

2試合目にはしっかり勝てて

この大会を楽しむことが出来ました



試合の後には…

028 

いつもの各自持ち寄ったお料理で昼食 そしてお料理講習会



その後は夕方の門限まで…糸の切れた凧?

しかもユニホーム姿なので

短パンとハイソックスの間から飛び出した

「ボンレスハム」状態のもも丸出し

なんちゅうオババ


032 033


ハハッ いい日でした

秘めた思い

019

 「……みやこ忘れの花が ひとひら舞い散る午後でした

 愛していることに 心はいっぱいでも

 なぜか二人は ルルル 

 古いお寺のいわれなんか話すばかり…」



壊れたレコードのように

この歌詞を繰り返していました 心の中でね



みやこ忘れが咲き始めるころになると

後姿を追いかけながら

打ち明けることもできない切ない想い

思い出すんですよね




かぶ庭のみやこ忘れが咲いたので つい思い出しました

主人が隣で本を読んでいるので どうもやりにくい



思い出にたっぷり浸ることが出来ないじゃないの!



今日は有給休暇の消化で休みを取った主人

お邪魔ですよ(笑)

2013年5月21日 (火)

笑顔でいられますように


今年も見事なクレマチス

「モンタナ・エリザベス」が咲きました



かぶ庭じゃぁありませんよ

他所のお宅のお庭のことです



あまりに見事なので

昨年同様 今年も家人に無断でUPさせて頂いています

002
003 001_2

ねぇ~ どんなもんじゃい!



まぁね かぶが胸張ることじゃないですけど…



いろいろな命が動き出すこの季節には

勢いがあって逞しさを感じます



花にも 斑に映える山の緑にも 

自然の力が漲っています



その力を ほんの少しいただいて

 

今年も元気でいられれますように

笑顔でいられれますように…



昨日はオババ仲間6人で

松島「一の坊の春ランチ」を目当てに石巻を出発し

松島までの海沿いを車で走りました

026 028

菜の花畑が見えてきました

何もなければ平和な光景ですが

このすぐ向こうが海

話題はやはり3・11のあの日のことになりました



ここは 島に守られた松島と

被害の大きかった奥松島とのちょうど中間の場所

オババの思いは様々に…



幸いにも

6人はあの日の地獄に出会うことなく

各自避難できましたが

悲惨な状況は誰もが身近に感じ 心に沁みついています



不足不満を数えたらどこまでも満たされることはないけれど

オババ6人 家族が元気で友人と食事が出来て

何はなくとも 笑ったもの勝ちだね と一致した



時間が止まったままで先に進めない大勢の方が

まだまだいらしゃることを思うと

一日も早く 

ご自分の生活を取り戻すことができるように

願ってやみません



013 018 019  015  024

2013年5月16日 (木)

復活

004_3

小さなかぶ庭の一角に 

白い花のスズランが群生しています



繁殖力が強く 

可愛らしい姿から想像できませんが

所構わずポコポコ芽を出してきます



せっかく伸びてきたのに…

と思いながらも その芽を刈っています



でも

緑の葉の間からきわだった白さの小さな花が

あまりに可愛らしくて

広い野原に群生させてみたいなぁ…なんて

009_2

津波で弱った椿の木には

この幹に枝3本がかろうじて生き残りました



その花はとっくに終わっていると思っていたら



あらっ めっけ! 頑張って咲いたのネ!


010   

マメ科の花 ハナズオウもピンクの花を一斉に咲かせて

とても綺麗です

この隣にいた雪柳は枯れて姿を消してしまいました



草花は 塩害には強いらしい



木はその種類によって大小差はあるけれど

生き残ったもの 残れなかったもの

共にダメージを受けました



それでも 残ったものは 

必死になって 命をつなごうとしています

002 003

常緑の葉のすべてを落として命を守った 金木犀が

津波から2年 

やっと若葉をそろえて復活しようとしています!



物言わず

淡々と生きるための戦いを続けていたのでしょう

ここまでくればもう安心だね

2013年5月13日 (月)

ありがとう

014

川向こうの湊町から

かぶおばさんにもらわれてやってきた一株のハナニラ



こんなに可愛い花束になって 楽しませてくれていました

が…この様子は昨日まで 

今朝は チョットさびしい姿になっていました

また来年 楽しませておくれ

003

こちらは

どこからともなくやってきてかぶ庭に居座った 大輪大甘菜 

ハナニラほど逞しくはないらしく

毎年一株 小さな白い花をさかせてきましたが

今年は全く違う場所に もう一株やってきました

これはラッキー

006

湊町から嫁に来たこちらの桔梗も元気です

ハナニラと共に それぞれのお郷はもうないけれど

これからもかぶ庭で花を咲かせて楽しませてね


007 009

おじいちゃんのボタンは

30個ほども花を咲かせた時の樹勢は衰え

津波の塩害もあるのか

元の幹自体は朽ちかけています

でも 根元から伸びた新芽のつぼみが今にも咲きそうです

004

スズランもうつむいた花が超かわいい



なになに?

花言葉は 「幸福の再来 純粋」 だって…いいね~



母の日の昨日は

かぶにもありました


006 008

不器用に ささやかに ○○○○○○



嬉しい ありがとうね

そして また次も頼むね~

2013年5月 2日 (木)

夫源病

最近「夫源病」という言葉をよく耳にします



テレビで放送されたようで

かぶの仲間内では 

夫に不満があると 夫源病という病と闘う健気な妻になり

夫を好きなように弄っては 笑いのネタにしています

妻のストレス解消にはもってこいの言葉になっているのです



とはいうものの

時には笑えないこともあるものです



バレーボール仲間のNは 

更年期を過ぎたころから

幼少時に痛め 弱っていた股関節が再発して 

数年前からバレーを止め メンバーから外れていました



家での療養は 仕事を止めて自宅いる夫との生活



彼女にとっては痛みだけではなく

少しづつ不自由になる自分の将来に対しても

大きなストレスを感じているだろうと

はた目にも推測できました 



でも 夫にそのことが分かってもらえない

分かっているのかも知れないが 

それを表す言葉も行動もないことに苛立っていました



先週ひょっこりと練習日の体育館に表れた彼女を誘って

おばばたちの夜遊び集会

(と言っても「パフェ」でのお茶会…カワイイものです)



こもることが一番よくない さんざん発散させました



自分の身に いつ起こってもおかしくないお年頃です

ネタで笑い飛ばせるように 

しばらく…いえ ずーっと続きそうですねぇ



世の旦那様方 勘弁してください

くしゃみぐらいなら

なんぼ飛ばしてもかまいませんので…(笑)



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

006

数日みない間に咲き始めていた花ニラが

何とも言えない可愛いすがた

009

ボケは満開になりました


008

この並びに垣根になって並んで咲いたヤマブキは

津波の塩害で僅かになったが今年も咲き始めました

012

ギボウシが葉を広げ


013

ハナズオウは咲くばかり



行き届かない小さな庭の中で

花たちが変わらずに動き出し

季節を伝えてくれています

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »