« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の4件の記事

2013年8月27日 (火)

子ども夏季交流戦

004

赤く染まる雲 日暮れの早さ 空気の爽やかさ

一日一日秋が進み 

いつもと変わらない季節が流れている



けれど日本を取り巻く様々な環境は変化して

気候は温帯から亜熱帯になったと言われている



今年の集中豪雨や雷雨 竜巻などなど

災害が次々起こっていることを思うと

天災にしても人災にしても 

圧倒されるような規模でやってきています



豊かな自然の中で 四季を感じながら

のんびりと暮らせる世の中ではなくなっていることを

感じさせられます



どうしたら自分の大切なものを守れるのか

そんな風に考えることが 最近 確かに多くなりました



自分の身の回りの小さなことから

何もかもスリムにまとめておくことは大切なことだと感じています



と言うことで

まずは 自分のこの伸びきったボディーだぁ!

何とかせねばなぁ~~~!

 ( ̄Д ̄;;



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



011

上は仙台市のスポ小バレーボールの夏季交流戦の様子



姪の子供たち二人が出るというので

一度は子供たちがどんなバレーをしているのか

見てみたいと思っていました



(ふらりと覘いて見ようか) と

大会が行われている宮城野体育館に行ってみた



かわいい豆選手や体格のいい大人びた選手など

入り混じったチーム編成が何ともかわいくて

それでも いざ試合で見せる根性と

寄せる親たちの熱い戦いも加わって

何とも見ごたえのある大会でした



子供たちの応援に追っかけしてしている親たちって



花ですねぇ~



あいにく 姪は大会にはこれなかったのですが

子供たちは 

モトくん(姪の夫)の大声援を受けて 頑張った



1試合目 2-1で試合を落とし負けたけれど

勝ったセットは大逆転のど根性を見せたのです



その時 

大声援を送っていたモト君のもろ手を挙げた喜びようには

かぶも熱くなりました



こんなに父親がもろ手を挙げて応援しているんだもの

子供たちは 絶対いい子に育つ! 間違いない!



って そう思いましたよ



018

2013年8月24日 (土)

アゲハチョウ

日常が戻ったところで

今週初めから

一気に秋の気配を感じるようになりました



・・・ふ~っ!

空気を大きく吸ってみる



火傷してしまいそうな熱気はなくなり

ふっと緊張が解けていくような気がする



東北の人間がこんなことを言ってたら

四万十や多治見 熊谷の

暑さ日本一を競っている方々に申し訳ないのですが

一足お先にやってくる秋に



やっと キターーー!



虫の声もひときわ高く聞こえてきて

秋だねー!

 


かと思うと 

時折蝉の声が ミ~ン ミ~ン! と

大音量で響き渡り まだ季節が混在しています



011
アゲハチョウの卵


013
羽化したてのアゲハチョウの幼虫


逞しくなったロッチのグレープフルーツには

アゲハ蝶が毎日やってきて 卵を産み付けていきます

「これは私のもの!」と 言わんばかり



玄関の傍にある鉢の周りでひらひらと舞い

人の出入りにも動じないその姿には 

人間の方がタジタジです



こんな小さな木が 毛虫だらけになって

丸裸にされているところを想像すると

すこし ゾゾッ!



卵を手でつまんではせっせと捨てる

次の日またやってきて また産み付けていく

何日か続いています



それでも 何匹かは観察したい ということで

残していますよ 



成長を楽しみにもしています



「蝶の図鑑」 で見た

卵から幼虫 蛹へと変化するその生態に興味津々



さて どうなることでしょうね?

2013年8月19日 (月)

夏が過ぎて

040_2


夏の太陽を浴びて青空にのびのびと枝を張るヨウシュヤマゴボウ

2メートル70~80はあろうかというオッコ(イチイ)の

枝の間からさらに天を目指している



おいおいどんだけ伸びるんだ



あまりに威勢よく伸びてゆくので

折れた枝の所から 張り出している枝を主人がこっそりカット



植えたトマトの邪魔になると のたまふた



草一つとることのなかった主人が

退職後 あれやこれやと 

欲張って種や苗を植えるようになったので

夏の間にジャングル化するかぶ庭ですが

さらに収拾のつかないものになっています


038

それでも 自分が植えたあさがお(チョットしたいざこざ曰く付)に

朝一番 茶の間から眺めては癒されているようなので



心の中で (許す) と・・・かぶです



お盆も過ぎてやっと日常が戻ってきましたね

お母様 おばば様 お疲れ様~

楽しかったね~



004

東和町道の駅 林林館の食堂

006



気仙沼復興商店街 みなと祭り協賛中

010



南三陸町での夏祭り

016

027

028

聞き覚えのある声だと思ったら 

「ビギン」のトラックステージコンサート



033

亘理の蓮は 花が少ないですね



その後仙台へと移動し 

今年の夏が過ぎていく感じがしました

2013年8月 5日 (月)

地球よ何処へ

東北は一昨日 やっと梅雨明けしました 



テレビのニュースを見ていると 

毎日どこかで水害が発生して

地球全体の軸がどこかでずれ始めているのではないかと

空恐ろしい気がしていたところです



数十年 数百年に一度と言われる災害が多発していることを思うと

東日本大震災を経験しているのだから

(生涯に あんなことはもう起きないだろう) と

どこかでたかをくくっている自分と

東日本大震災を経験してなお 

(さらなる災害に見舞われるのではないか) と

恐怖を感じている自分がいます



昨日

石巻では震度5強の強い揺れに見舞われました



瞬時に 東日本大震災が思い起こされ

津波 避難 水 ラジオ リュック 電話 と

しばらく入れ替えしていない押入れの一角で

避難用具の確認にアタフタした



結局津波には至らなかったので胸をなでおろしましたが

まだまだ 

油断してはいけないことを思い知らされました



地震を起こす地殻の動きはともかく

空も 海も 山も 

まして人間には手の施しようがない

巨大で侵すことのできない領域を

勝手な欲望が 侵し続けてきて歯止めのかからない状態が

これからも続いてゆくかも知れないことを思うと

数十年に一度の災害は

何処で起こっても不思議のない 日常になるのではないか

と 恐怖を感じました



二度と起こって欲しくない震災と

震災を思い起こすような

先日の豪雨で亡くなられた方のご冥福を

お祈りしています



003_2

石巻川開き追悼花火

(携帯でしかも手振れのヘタッピ写真堂々UP)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »