« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の6件の記事

2013年10月29日 (火)

蜜の味

先週日曜日のことです


001

002_2


ここは 岩手県一関市の営農団地

その一角にあるリンゴの直売所に来ています



ここ数年 

毎年通っている場所で「北斗」という品種のリンゴを求め

厳美渓を眺めながら 秋の一日を過ごすのが

我が家の恒例行事になっています


002


「北斗」は 

蜜の入りもよく 酸味の少ないスッキリした甘さが

我が家の一番人気の理由です



ところが 今年の甘さはというと イマイチ



台風被害も影響なく 収穫はまずまずとのことでしたが

そのリンゴは小粒で蜜の入りも甘さも 

チョト物足りない



ここ 千葉リンゴ果樹園 の北斗の収穫は

10月25日ごろから11月10日ごろまでの

2週間余りとのことでした 



出かけてくるのが1週間早かったかもしれないと

悔やまれました



この品種は生産が難しいらしくて

手がけている農家は少ないとのことでしたが

帰りの「道の駅」にもスーパーにも

まだ並んでいませんでしたので



チョット フライングしちゃったかも~



出直して 再度その味に挑戦したいと思いました



だって あの味は忘れられませんよ

たっぷり蜜の入ったあの甘さ。。。!

2013年10月28日 (月)

青空

大きな被害をもたらした台風から

グズグズと晴れないお天気が昨日まで続いて



今朝は 久しぶりの青空が清々しく まぶしい


029

040

042

今朝は 

市の体育振興課が入っている市民球場にやってきました

球場の向こう側に見えるのが 

市で一番大きな仮設開成団地です



家庭バレーボールの練習をしている学校の体育館は

震災で被害を受けた個所の修理に

やっと予算がついたらしく

沿岸部の学校はほぼ一斉に補修工事が入ることになった 



体育館をお借りして練習している多くのスポーツ団体は

行き場所を失い

まるで路頭に迷うような状況になってしまい

2月末までの工期に頭を抱えています



かぶたち 家庭バレーボールチームも 

12月初めに大事な試合を控えているため

必死に使える体育館を探したが

周辺はどこも同じような状況のため

思った場所が見つからず 苦労を強いられました



でも 「普段の行い(?)」でしょうか

運よく空いたスポットに丁度はまり

借用申請にやってきたのです



おかげで週2の練習には影響なく

とりあえず12月の協会長杯までは

練習場所の獲得が出来ました


036


今日の青空には 身も心も晴れ晴れです!

2013年10月23日 (水)

雨の日帰りバスツァー

先週日曜日 

前日の好天とはうって変わった雨の中

バレー仲間の叔母様たちは  



るんるんnote 

読売旅行の日帰りバスツァー



「秋色絶景の磐梯スリーライン!」



。。。絶景?

晴れていたらね~ 

絶景の筈だったの



濃い霧雨に一寸先が隠れて見えず

吾妻小富士も散策できず

五色沼の湖畔散策も足元を濡らす雨



晴れていたらどんなにか綺麗で

水の色も 錦織りなす山々も

心を洗われるほど胸に響いただろうと

残念でなりませんでした



「世界のガラス館」は

雨に関係なく広い館内を歩き回りましたが 


043_2


なにせ 時間がね~


042


雨の日は ツァーの時間配分を

雨バージョンに変更する柔軟性もあったら

もっと楽しいツァーになったでしょうね



それでも 普段の掛け合いが

バスの中で一日続いて

親しい仲間の旅は 楽しいものでした



担当の添乗員さんも明るく気さくな感じのいい人で

幼稚園児がいること

仕事の時は 酒屋を営む夫が

子供の面倒を見てくれていて

それが適度な親子の関係を作っていることなど

面白おかしくお話してくれて

バスの中を和ませてくれました



お蔭でバスの中はホットな雰囲気

和気あいあいとしたいい旅でした



出発する前のわくわくと

帰って来てのホット感

そして二日後(この時間差?)の 疲労感は

旅にはつきものの楽しみの一つ(?)でもありますね



昨日は眠くて眠くて 夜は快眠

まだまだ眠れる感じが 

今日も続いているかぶでございま~す (*^-^)


 

2013年10月15日 (火)

町内お楽しみ会

先日 町内敬老お楽しみ会がありました

038

毎年 企画は変わり映えのないものでしたが

それでも 一堂に集まれることを楽しみに

毎年参加してくれる方々がいらっしゃるので



ここに来られ 町内の方々と顔を合わせ 言葉を交わす

「その時間が楽しかった」と言ってもらえるよう

役員さんは今年も苦心されたようです

34e4dd5nggblubj1381553718_138155392

今年は 地元専修大学のバンドにお手伝いいただいて

演奏やら ビンゴゲームのアシスタントやら

みんなの中に入ってもらいながら

066

いつもとは 一味違うお楽しみ会を演出



元気な学生さんたちの明るさが 場を盛り立てて

一同みんなが楽しめるお楽しみ会となりました

033

もちろん 御呼ばれのご当人達が

踊りやカラオケ ハーモニカの演奏をするなど

053

お元気ぶりをご披露していただましたが



目的はともあれ

人と人とが一堂に会して 心を交わす



そこに 生きる力をもらえるチャンスがあるんだな

って そう思いました

2013年10月14日 (月)

また 会おうね

0102_2

ごつごつした9月のアゲハチョウの幼虫は


0012_2

つるんつるんで緑色のこんなきれいな幼虫に変身

大きな頭にクリクリの目玉模様が可愛らしい!



日に日に大きくなって

グレープフルーツの新芽は食い尽くされ

006

裸になった



翌日 隣の枝にお引越しして

今朝までその枝の幹にすがっていた



ところが さっき見たら枝にいない!

004

辺りを見ると蜂が葉っぱの間をうろついている



蜂もアゲハの幼虫には天敵らしいので逃げた 

かな?



と思っていたら鉢の縁にいました



その縁ををぐるぐる動いている

まるで何かを探しているよう



もう幼虫も終齢段階になっているらしいので

そろそろ蛹になる準備かもしれない



そう思って少し目を離して 

戻ってみると



いない!



鉢の周辺を探してみたがいない



行ったのかぁ!

ちょっぴり 淋しい



そんな朝の旅立ちでした



蛹になるため食樹を離れたのだとしたら

きっと越冬するための準備なのでしょうね



またここで会えることを楽しみにしています

きっと 会おうね!

2013年10月 4日 (金)

歌声喫茶

義姉の誘いで出かけたものの

何があるかは ミステリーだった



コンサートらしいとのうろ覚えはあったが

(後で考えたら 義姉はこの事をきちんと説明していた

 かぶが話を半分しか聞いていなかったですね)



とにかく行ってみてのお楽しみ



朝9時半まで行けば良い と 

そこだけは念を押す義姉の電話で覚えていました



入場券を見て初めて

復興支援の活動をしている「音無美紀子の歌声喫茶」が

東松島市にやってくることを知りました



少し早目に出かけた東松島市にある小さな分館には

ジッチャンバッチャンが三々五々集まりだしていました



雨も降りだしてきたせいか 

予定よりすこし早めに開場され



100人くらいがやっと座れるような椅子を並べた会場の

一番前に陣取りました



待っている間 すぐ目の前にならべてある9個の椅子の

登場人物を想像して ワクワクした 



ほどなくして 「音無美紀子の歌声喫茶」 開演!


024_2


この豪華な面々

右端がよっちゃん(声がキンキンのあの清水よし子さん)

その手前マイクの人が皇室ジャーナリストの久能靖さん

着物姿が講談師の神田きらりさん

中央 音無さん等々



いずれも テレビでおなじみの方ばかり



メンバーは復興支援の一環として

この歌声喫茶を始められたそうです



人と人とが希薄になりがちな今の日本に

みんなが集まれる場所を作り

歌の力で元気になろう という願いを込めて

活動されているとのことでした


037

音無さんと夫の村井國夫さん


025

004

005

懐かしい時代の懐かしい歌ばかり



歌声喫茶がピークの頃は10代でした

学生時代には 衰退が始まっていたけれど

仙台にもまだ歌えるお店がありました



歌声で繋がる楽しさを思い出しましたね



ボックスで踊りながらのカラオケも楽しいけれど

歌声喫茶のような集まりの場を作るのも 

いいかも ですね

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »