« お疲れ様 | トップページ | 家内安全 »

2014年12月15日 (月)

目の症状

眼科の受診があって久しぶりに仙台へ


路面に散る街路樹イチョウの葉には 秋の名残を感じるけれど

見上げる空に広がる枝は もうすっかり冬衣


受診までの時間つぶしに 

アエル2Fのスターバックスで

一人モーニングコーヒーを飲んでいると

遠い昔 学生時代のかすかな匂いにふと触れた気がした


眼科では 前回受診時に申し込んだボトックス治療を

キャンセルしていた


治療による副作用は 多少覚悟して申し込んだものの

改めて看護師から細々説明を受けると 

瞼の開閉に支障をきたし 

それが薬効の期間続くことがあるとのこと


瞼の開閉が開けっ放し 閉じっぱなしで3か月というのを想像したら

そのリスクと自分の今の症状を天秤にかけて

もう少し我慢してみようか という気になった


ボツリヌス菌という毒素で眼瞼をマヒさせる治療が

はたして自分の症状にあっているのかどうか


瞼の開閉は自分の意志でコントロールできる

光はまぶしいけれど

それにも増して酷いのは 瞼の乾燥

痛みにも感じるような熱っぽさと渋さと

ゴロゴロした異物感で目を開けていることが出来ない


暖房で乾燥した冬の茶の間は 居心地の悪いことこの上ない

それでも寒さは我慢できず毎日加湿器を抱きかかえている


これが台所で水仕事をしていると 

比較的楽に目を開けられるから不思議


(茶の間で遊んでないで台所仕事をちゃんとしろ) と 

神様にそう仕向けられてでもいるかのよう 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


なので 車の中も茶の間と同じ

運転の不自由なこと


それでも毎日の暮らしに欠かせなくて

やむなく 危険運転をしています 

充分に気を配ってはいますが

それでも 危ない と感じることが多くなりました


何処へでも遠出していましたが (運転が好き)

さすがにそれは控えて 今は助手席で我慢しています


この症状が良くなることは望めないらしく

視力はあるのに 盲目と一緒の状態になるらしいとのこと


そこに行くまでの時間が少しでも長いことを望むだけです

まだ 戦う気力は満々なので


出来るだけこの症状が進まないことを

もしかして眼瞼けいれんではないことを 祈るだけです


眼科の受診はすぐに済んだ

ドライアイの薬 ムコスタUD2%とヒアレイン0.1%

2種類の薬をいただいて あとは3か月後の受診になる


仙台の街をもう少し歩いてみたい気持ちはあったが

急かされるように帰宅した


いつか昔のように ゆっくりこの街を歩いてやろう

そんな気になった

« お疲れ様 | トップページ | 家内安全 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295869/58263494

この記事へのトラックバック一覧です: 目の症状:

« お疲れ様 | トップページ | 家内安全 »