« 決断 | トップページ | 感謝のしるし »

2015年6月21日 (日)

母の転居先は

母がやっと居場所を得て

落ち着きを取り戻したと思ったのもつかの間だった


母の看取りを覚悟し受け入れた施設でしたが

その不安解消の力になった母の主治医が

のちに法律関係(?)を調べたところ

施設認定の医師以外が往診という形で施設に入ることは

出来ないらしいとのことだった


詳しいことはわからないが

終末期を迎えた母が 居場所を2転3転 


帰る家をなくし 

長年親ししんだ施設にもいられなくなった


一時避難で

再び主治医が営む有料ケアハウスに入ったのです


ケアマネージャーを頼りに

看取られる最後の居場所を探して模索中


なんとしたことか。。。。。。。。。。。。。。。。


母は兄たち二人の父親だった夫を戦争で失った


年寄りを抱え家をを守るために働き

この時代としては普通のことだったが

終戦を迎えて戦地から戻った夫の弟と再婚したのです

(私と弟の二人の父親)


少しづつ農地を増やしながら 働いて働いて

小規模ながらもなんとか今日まで農家を続けてこられた


思春期を迎える私には

母に聞いてもらいたいことがいっぱいあった

だが なりふり構わず働く背中ばかりを見せる母に

年の離れた兄たちと弟の間で一人

反抗を強くしていった


今やっと母に正面から向き合えることに気がしている


母の背中ではなく 

正面から母の表情をとらえることが出来る気がして

語らなくなった母の顔から

その意志を読み取り笑顔を届けたと思っている


母が喜ぶ時間に少しでも立ち合いたいと思っている


食事は受け付けず ほとんど点滴のみ

肺炎を起こしつつある母は今

主治医の提案で次の療養先をあたっているところです

« 決断 | トップページ | 感謝のしるし »

「気まぐれ日記」カテゴリの記事

コメント

かぶさん
お久しぶりです。
かぶさん、泣きました。何も言えないけど。涙が止まりません。母親って悲しいね。

☆ いっこにこさん

コメントありがとうございます。

楽しみにしていたいっこさんとこにもすっかりご無沙汰しています。目の調子が進んでいますので無理しないように老化に寄り添い受け入れようと努力しているところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295869/60414309

この記事へのトラックバック一覧です: 母の転居先は:

« 決断 | トップページ | 感謝のしるし »