« 感謝のしるし | トップページ | ある日の気まぐれ日記より »

2017年9月 4日 (月)

秋がもうすぐ

母が旅立って2年目の秋が巡り

季節の移ろいを その時々に感じている自分がいる


母の最後まで 私が見たいを思っていたような

笑顔を見ることはできなかった


そのことは 今も心の片隅に残っている 


母の姿を黙って見守るだけでなく

家に連れて帰ることもできたのではないか


手をかけて、そのぬくもりを交わすこともできたのではないか


そう思うと悲しかったり切なかったり


兄が整理した写真の中に

父母ともに揃って はじけるような笑顔の写真を見つけた

ひ孫と笑う母もいた


こんな笑顔には もう会えないのですね

夢でも黙っているだけの母が 寂しい


「お母さんが亡くなって寂しいでしょ?」

義姉の友人がそんな風に声をかけてくれた


「まぁ 齢も齢なのでね」

という私に


「会いたいと思っても もう会えないんだから 

そんなこと言うもんじゃないよ」

とたしなめた


たしかに そう


ひ孫に見せた笑顔を

私に見せることは もうないのですから


 

« 感謝のしるし | トップページ | ある日の気まぐれ日記より »

「気まぐれ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295869/71546358

この記事へのトラックバック一覧です: 秋がもうすぐ:

« 感謝のしるし | トップページ | ある日の気まぐれ日記より »